【関連情報】大幅値下げ!別サイトで展開中の『テキスト&動画講座』がお求めやすく!詳しくはここをクリック!

Vol.7 おそれと戦って新しい自分へ

宝の地図の物語

車線変更にどう向かうか

おそれとの戦い

車線変更が目前に迫っていると感じていらっしゃる方へ。

もう一つ大事なお話しがあります。

 

前回お話したレーンチェンジの意図は『愛』という考え。

くどいですが、念のために。

男女間や親子間にあるお馴染みの愛じゃありません。
もっともっと大きい愛のこと。

あくまで私個人の主観なので
賛同いただけていると嬉しいです。

 

レーンチェンジとセットになるのが
実は「おそれとの戦い」なんです。

これには覚悟が必要です。

そもそも、あなたがそこにいる理由が
この『おそれ』であることが多いからです。

そこに踏みとどまっている理由は何でしょう?

  • 転職したら、収入が下がるかも
  • 最初から人間関係を構築するのは大変
  • 周りの人間からどう見られるか
  • 新しいことをやるには年をとりすぎた

今いる場所はこれらを考える必要がありません。
少なくとも先送りできます。

この安心感と戦わなければ
レーンチェンジはできないのです。

「頭ではわかっているけど」

「そんなことは知っている」

それでも現実が変わらないのは
あなたの内面に原因があったりします。

 

人生の地図はあなたにもある

今の私にも不安はあります。
不安は自分を律するのに効果的です。

でも、不安が大きすぎると
前進の力が奪われてしまうのです。

強力なブレーキとして作用するから
一歩も進めません。

 

ここで活用したいのが
「人生の目的」「人生の計画」です。

きちんと自分の目的を知り
そのための計画を信じることができれば
おそれは小さくなります。

自分を信じて・・とはよく耳にする表現ですが
その本意はここにあります。

  • 意図があることを知って行動する
  • 意図を知らずにやみくもに行動する

前者は計画も可能ですが、後者は冒険そのものです。

冒険の響きを好まれる方もいるとは思いますが。

 

行動を決める要因は2種類

人の行動原因は、極論すれば2種類しかないと言われています。

一つは『おそれ』
・避けようとして、行動する
・避けるために、今は行動しない

もう一つは『愛』
・愛を受け取りたくて、行動する
・愛を受け取りたくて、そこにとどまる

このどちらかに当てはまります。

先ほどのレーンチェンジに戻ればどのパターンでしょうか?

行動しない理由は、『愛』『おそれ』の両方の局面に現れます。

あなたは『愛』を受け取っていますか?
それとも『おそれ』を感じていますか?

その答えを、あなたはもうご存知です。

 

宝のありか

あなたが考える前に到達した質問の答え。

これは心の声である可能性が高い
と指摘しておきます。

たいていの場合、これが到達してから
いろいろ考え始めます。

 

思考のパワーに引っ張り回されているうちに
最初の声を忘れてしまうのです。

私が宝物と呼んでいる価値あるものは
この心の声が示した場所の近くにあることが多いようです。

あなたの宝物はいずこに?

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。