【関連情報】大幅値下げ!別サイトで展開中の『テキスト&動画講座』がお求めやすく!詳しくはここをクリック!

家族旅行 後編 ~父と息子の関係~

人間関係

父と息子の関係

家族旅行での出来事

長男と数年にもわたるギクシャクした関係を
続けていた私。

反抗期特有のものもあったでしょう。
実際、父と息子との関係としてよくあるパターンだと思います。

私が会社員からライフコーチへ転身し
本格的に活動し始めた頃のお話です。

恒例の家族旅行。
ここで2人の関係性に大きな変化を感じさせる
出来事があったのです。

前回の続きをご紹介していきますね。

 

せっかくの旅行なのに

夏休みには家族で旅行をすることにしています。

今年は、私の仕事の都合で8月の最終週に
設定していました。

「宿題が終わっていないと留守番だぞ~」と
けん制しつつ。

ところが行ってみると、ずっと天気が悪い。
2泊3日なんですが、太陽が出たのは初日だけ。

ゆっくり出発したこともあって
せっかくの晴れ間は車の中で過ごしてしまいました。

 

2日目以降も外遊びをメインに企画していたのですが
見事に全滅。いくら温泉だって、朝から入れば
お昼にはやることがなくなります。

家族全員が楽しむには・・?
親としては悩みますね。

仕方なく現地のボーリング場を探して
カラオケに入って・・。

 

でもこれが私と長男にとって
最適な出来事となりました。

2人でボーリングでも、カラオケでも点数勝負。
決してうまくはないんですが
同じ土俵で勝負する気持ちよさ。

笑った。笑った。

日ごろ感じていたギクシャクした雰囲気に
ヒビが入っていくのがよくわかりました。

 

長男の遊び場

3日目は自宅に直帰せずに
自宅に近いROUND1に寄り道しました。

昨日の続きをしたいという
長男からの強い要請があったのです。

長男が友人と行くなじみの場所であり
私としてはどんなところか見てみたいという気持ちもありました。

まずはカラオケに。
ここでは勝手知ったるなんとやら・・で
とまどう私の横で長男がバンバン決めていきます。

 

え、フリータイムって?
ワンオーダー制って、料理のことなのね?
テレビのリモコンもどきで注文するんだ、ふーん。

普段そういうところへ行かないから
知らないことだらけの私。

一方、自信にあふれた長男の姿を
見ることができました。

続いて、スポッチャという時間制の
サービスも体験。

CMでは見たことはありましたが
体験してみると実によくできています。

バスケ、サッカー、バレーボール、卓球
ビリヤード、アーチェリーやトランポリンなども・・。

 

子どもたちが夢中になるのもよくわかりました。

平日の遅い時間帯でさほど混雑しておらず
思い立ったら待たずにできるのもよかった。

 

映画のワンシーンのように

終了までにあと10分くらいになって
そろそろ精算しようかというタイミング。

子どもたちに声をかけていたとき
「キャッチボールしよう」と長男から声がしました。

投げるのが苦手だった彼は、小学生の時ですら
こうした誘いに応じることがなかったのです。

ドッチボールでも、逃げるのが専門でした。
まさか彼から声をかけるとは。

2人でグローブをはめてボールを投げ合ったのは
生まれて初めてのことでした。

 

わずか10球たらず。

本当に数分の出来事なんですが
自分には特別な意味があることがわかりました。

今思い返しても、モノトーンの映像のように浮かんできます。

 

投げてとる、それだけのことなんですが。
キャッチする感覚、される感覚がなんとも不思議でした。

自分がアクションをする、それが相手に届く・・・。
相手がアクションをする、それを自分が受け入れる・・・。

何が自分の琴線にふれたのか
言葉で表現するのは難しいですが。

自分にとって最高のギフトでした。
そして彼にも何かが伝わった手ごたえも感じています。

帰宅後の奥さんの言葉。
「ほんとうはお父さんのこと好きだったのね」

もう、おなかいっぱいです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。