【関連情報】大幅値下げ!別サイトで展開中の『テキスト&動画講座』がお求めやすく!詳しくはここをクリック!

本当の自分の価値を決めるのは誰か

自己対話

他人目線で自分をみていないか

他人視線は本当の自分じゃない

一人で生きているわけではないので
周囲からの目を気にしないわけにはいきません。

しかし、でも自分に対する評価を
他人視線で決めていないでしょうか?

 

他人視線で自分を見てしまうことを続けていると
どうしても評価が厳しくなります。

自分だけが知っているいいところを
アピールしていませんから。

そうすると、当然自己評価は低くなりますね。

 

実際のところ、いいところを数え上げる加点法
ではなく、理想の状態からマイナスしていく
減点法で評価が決まるのではないでしょうか。

「明るいけど、新人みたいなミスしてたもんな。
全面的に任せられないな」

こんな厳しい採点官を意識していたら
自信がつくわけがありません。

 

繰り返し受けた印象も影響する

加えて、過去の経験も影響します。
よくあるのは、だれか親しい人(多くは親)から
繰り返し否定されたこと。

それが<いつものこと>となって
刷り込まれてしまうわけです。

「〇〇な子」というラベルは、子どもの頃に
貼られたものですが、大人になっても
そのままにしている人は多くいます。

 

その「自信がない人」ラベルを
貼り直す時期がきているかもしれないのです。

小学生からそのままのラベル。
もうはがしてもいいんじゃない?

 

自己紹介を考えてみる

例えば会社員のあなた。

心の中で自己紹介をしてみて下さい。

さて、いかがでしょうか?

○○という会社に勤めていて、ポジションは〇〇で
・・という定義付けをしてませんか。

あるいは仕事の内容は〇〇をやっている人のような。

それはあくまで会社内の評価であって
それを反映した位置を示しています。

ましてや、仕事の単なる説明で終わってませんか。

 

あなたの存在の価値はそれらとイコールではないのです。

自分の中での優先順位が、そこまで影響されているわけですね。

 

自分の価値を自分で決める

会社での評価には発揮していない才能や
反映していない経験は加味されていません。

上司や同僚との関係から
不要と判断されたものは除外されていますよね。

もとよりあなたの年収やポジションを決めた方々は
そうしたあなたの隠れた特性をみていないのですから。

 

本当はあなたの価値を決めるのは、あなた自身なんです。
あなたが自分の成長する可能性を決めていて
あなたが許せばいいだけです。

今日だけは、「自分も素晴らしい存在になれる」
認めてみてはいかがでしょうか。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。