【関連情報】大幅値下げ!別サイトで展開中の『テキスト&動画講座』がお求めやすく!詳しくはここをクリック!

無意識の力も活用しよう!集中力がどうしても出ないときの切り抜け法

無意識の力も活用しよう!集中力がどうしても出ないときの切り抜け法セルフコントロール

疲れをさほど感じずに
集中力が続く日ってないですか?

逆に大事な日なのに
なかなかノってこないときもある。

集中力をコントロールするには

集中力の続く日とそうでない日

ここ一番の集中力が求められる瞬間があり
一方では自分でもどうにもならない場合もあります。

この差は何でしょう。困りますよね。

身体のコンディションが悪い

寝不足?疲れ?
身体的な状況が整っていないためもあるでしょう。

そういう時は原因がはっきりしていますから
対処はカンタン!

寝る時間を意識的に増やすことで
たいていは改善します。

あとはビタミン剤とかでしょうか。

バイオリズム?

生き物ですから
一定のバイオリズムはあるとは思います。

いくら眠っても眠い日というものもある。

月の重力は潮の満引にも影響するくらい
だから、肉体にも影響するかも。

他にも天体配置などの影響があるかもしれませんが
私には実感できませんので言及はやめておきます。

 

集中力が充実し、勢いに乗ったときは

勢いに乗ったときは

夢中になると気分がいい

時間経過を忘れるほど
夢中になって何かをやった記憶はいつのものですか?

この夢中になる、我を忘れる・・
というのが、一番いい状況かもしれませんね。

間違いなく集中していて、やるべきことが
バンバン進行していきますから。

終わったころには、達成感と心地よい疲労感
とを味わうことになります。

ガマンして続けるのはかなりストレスに

逆に、一生懸命我慢してやり続けるのは
不要なところまで力が入ってしまいます。

私が肩こりを感じたり、首を痛めるのは
こんな時ですね。

意志力を鍛えることにはなるとは思いますが。
不自然であることは間違いありません。

できるだけストップしない習慣

最近の私は、こんな習慣がついています。
「勢いがついてきたらそのまま行き着くところまでやる・・」

ノってきたらもったいないので
そのまま突っ走るわけです。

 

途中で流れを止めてしまうと
いつ再開できるかわからないのが理由です。

糸がプツンと切れてしまった感じですね。

そうなると、意志力を総動員しても
再現することは難しいと感じています。

 

でも体の酷使には注意しましょう。

目の疲れを感じたら休憩するとか
ちょっと体を動かして気分転換するとか・・。

 

どうしても集中力を欠く「ノらない」ときは

どうしてもノらないときは

ノらないとき、あなたがなすべきことは
何でしょうか?

フォーカスは続ける/完全に忘れない

自分なりの答えとしては、それでも
フォーカスし続けるということです。

(完全に)忘れてしまわないこと」と
言えるかもしれない。

今やらないにしても
心の一部で焦点を当て続けるというイメージです。

無意識で進展していることも

もしやるべきことなら、一見進んでいない時でも
無意識の中で進展しているかもしれない。

新しいアイデアや情報が無意識の中で
整理統合されていくイメージです。

なにせ処理能力が段違いらしいのです。
何倍どころじゃなくて何千倍の差があるとか。

無意識・右脳領域の処理能力 >> 顕在意識・左脳領域の処理能力

 

今までに蓄積していた情報を
つなぎ合わせて

有益なアイデアに
まとめているところかもしれない。

「動きたい!」衝動を感じたら
準備完了のサインかもしれませんね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。