脳生理学からみた願望実現の仕組み!決めれば物事が動き始める理由

脳生理学からみた願望実現の仕組み!決めれば物事が動き始める理由★夢を叶える

「物事が動き始めるのは【あなたが決めたから】」
こんな言葉を聞いたことありませんか?

無意識の力だと語られてきた内容ですが
大脳生理学からも説明されるようになってきました。

今回はそんな願望実現の仕組みについてお話します。

 

脳生理学からみた願望実現の仕組み!決めれば物事が動き始める理由

結論を先にお話すると
実現したい内容をまず決めて下さい。

決めると人生が動き出します。

今の状況的にはダメだとは思っても
「これを達成すると決める」

簡単にいえば夢を語るということでしょうか。
できるだけ明確に。生々しく。

まず決めてみて、起きる変化を観察してみて下さい。

 

「重要だと決めること」がポイントだった脳の仕組み

リソースを大量消費している脳という臓器

脳の重さは体重の2%程度なのだそうです。
しかしそこで使われているリソースには大きな偏りがあります。

・全摂取カロリーの25%(しかも使えるのはブドウ糖のみ)

・取り込んだ酸素の25%

どれだけ体の中で重要な臓器であるかということですね。

RAS(網様体賦活系)が情報を取捨選択していた!

この脳内に集められる情報量は膨大です。

あなたが関心を持つものを自動的に追いかけ
取捨選択してあなたに認識させる仕組みがあります。

それがRAS(網様体賦活系)と呼ばれる
情報のフィルターなのです。

部位としては脳幹と呼ばれる場所にあります。

脳表面をグルっと覆っている大脳皮質とは異なり
脳のずっと深部にありますから、古い脳の領域ですね。

進化の早い過程で獲得していたと思われます。

RASの役割は脳を守ること

視覚情報一つとっても
色・形・質感など一つ一つを認識していたら
とてつもない情報量をこなすことになってしまいます。

「関係のないものを認識させない」

この単純なルールにより情報量を制限することで
守っているというイメージでしょうか。

全部処理していたら
カロリーも酸素も不足するのかもしれませんね。

RASが残している情報の内容とは

ではRASというフィルターが通過を許すのは
どんな情報なのか気になりませんか?

進化の早い段階で獲得したことを考えると
重要性の高い情報に絞っているはずです。

つまり関心を持った分野や
繰り返し考えた内容ということになりますね。

かくして脳のネットワークは発達する

脳というのはニューロンという脳細胞のネットワークです。
情報を流すたびにニューロンの接続は増えていきます。

接続が増えれば回路としてより太くなるわけです。

あなたが重要視して繰り返しインプットした情報は
・RASで優先的に抽出
・脳内で太い回路を形成

より高度に処理できるようになるということですね。

 

決める・望むと起きること

決める・望むと起きること

RASの機能に気付くのはこんなときです。

関連情報が不思議と目につくように

例えば、海外旅行を決めたとします。

初めての海外で、まだどんな準備が必要なのか
わかっているわけではありません。

でもその意図を忘れずに
<焦点をあてたまま>にしていると
必要な持ち物であるとか、
現地の情報だとか目にする機会が増えていくのです。

人込みの中で会話が浮き上がることも

・読んでいる週刊誌に「初めての海外旅行」
した人の記事が出ていた
・現地の観光スポットをテレビで放映していた
・友人との会話で、最近同じような経験している
人の話が出た。

雑踏や電車の中などで
たまたま耳に入ってくる情報にも要注意。

「無意識のうちに情報を集めている」と
説明されてきた現象です。

 

必要なのは「決める」「望む」という意思

必要なのは「決める」「望む」という意思

やりたいと感じ、心が動くには
理由があります。

旅行であれば、単に休息を求めて・・
ということもあるでしょう。

・新たな人間関係を必要としている
・特別な場所に行くことに意味がある
等の様々な理由も考えられます。

キーになるたった1つの問いかけ

「本当はどうしたいの?」

この自分への問いかけが重要です。

思考を手放して
こうした無意識の行動を追いかけてみると
結局自分が求めていたものに到達します。

後になって「そういえば・・」と
気づくこともあります。

大事なことは決める・望むこと

脳の仕組みからもお伝えしたように
大事なのは選択することです。

無意識に選んでいては
あなたの意思と合致しない可能性が高い。

だからまず「何かを決める」から始めましょう。
特に勇気も必要ありません。

まず「決める「望む」

そのうえで起きることに注意を向けておく。
これだけです。

必要な情報は
自然に入ってくるように感じるはずです。

 

まとめ

さて、今回のまとめです。
まず、脳の仕組みについてお話しましたね。

脳生理学からみた願望実現の仕組み

脳にはRASという仕組みがあって
重要性の高いデータを優先的に処理しているのでしたね。

これにより過負荷から脳を守り
必要な情報に関わる脳内ネットワークを強化します。

決めれば物事が動き始める

当然のことですが、あなたが繰り返し意識を向けるもの、
関心の高いものを重要視することになります。

ですからほしいもの、望むものを意識し続ければいい。

「本当はどうしたいの?」という素朴な質問が
そんな意識を明確化させ必要な情報をもたらすのです。

あなたは今日、何を決めますか?

「先のことはわからないから
そのときになったら考えよう」

これじゃもったいないですよ!

 
メルマガ購読はこちらをクリック


ps.

自分に忠実でありたいところですが
どうしても他人を優先しがちなところがあります。
そんなときにはこの記事をどうぞ。

おすすめの【関連記事】はこちら

おすすめの【まとめ記事】はこちら