【関連情報】大幅値下げ!別サイトで展開中の『テキスト&動画講座』がお求めやすく!詳しくはここをクリック!

人生の宝物を探求してみよう

自己対話

情報のもたらす意味とタイミングに敏感になろう

誰しもが取り入れる情報は自分で選択している
思っています。

テレビやネットからもたらされ、目にする
情報は多様であっても、どれを読む・
読まないを決めているのは自分の感性だからです。

人を介して伝わる情報もあります。
こちらも受け入れる・受け入れないは自分で決めています。

仕事上で自分の意思ではないというケースも
あるでしょうが、そういう場合であっても
それを許しているのは、結局はあなたご自身です。

 

ただそのタイミングについてはどうでしょうか。

同じテーマが繰り返し示されると
いうことはないですか。

文字が目に飛び込んでくるような
妙に心が響いてくるようなことなかったですか。

 

人生における宝物の2つの要素

私が「宝物」と呼んでいるものには
大きく2つの種類があります。

宝物、宝の地図

生涯をかけて学び成長しようとするなら
設定されたテーマ・目的・目標があるはずです。

「宝石」「宝の地図」という表現で
こうしたテーマの存在とそのプロセスを
示しているのです。

例えば、自信について深く学ぶことが
テーマならまず自信を失う出来事を経験する。

そして自信を感じるための出来事が設定
されていて、自信を得るとどうなるかを
深く味わうことになる・・。

このテーマをクリアしたら
本人としては大きな進歩になります。

そのために生まれた>といっても過言
ではないほど、本人にとっては大きな
インパクトがあります。

「宝さがし」で示されるシグナル

もう一つは、適切なときに出現するシグナルです。
ヒントのような役割を果たします。

あなたが歩んでいる道が仮に間違っているとして
「こっちだよ、気が付いて!」と示される場合や
求める情報のヒントが端的に示されるケースがあります。

人生の路線変更が必要とされるときに
障害物にやたらぶつかったりするケースが前者。

本屋さんでたまたま開いた本にまさに
ピッタリの一文があったケースは後者ですね。

いずれも、あなたが適切なタイミングで
引き寄せたかのようにもたらされます。

 

どんな形にせよ、必要なときに

あなたのアンテナを高くして
そういうシグナルを探してみましょう。

「宝さがし」はゲーム感覚でもできます。
奇跡は意外にありふれていることかもしれません。

そして「宝の地図」や「宝石」探しは
あなたを深く理解しているパートナーと
やると効果的です。

 

考えるだけでなく、言葉や文字にしてみると
受け取る内容にも変化が訪れます。

自分にしか感じられない微妙なシグナル。

他の人に話してみても
わかってもらえない場合もあります。

人生について深く理解しようとしている方なら
すでにその道のエキスパートだったりしますが。

ライフコーチもその一人です。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。