【関連情報】大幅値下げ!別サイトで展開中の『テキスト&動画講座』がお求めやすく!詳しくはここをクリック!

「変えたい」という衝動は行動を求めている

自己対話

「変えたい!」という衝動を感じたときは

何かを変えてなくてはいけないとは
わかっている。
でも何をしたらいいかわからない。

だからイライラするのかも。

進むことのできない自分に。
あるいはやるべきことがわからないことに・・

 

タナボタを受け取れる人は案外少ない

今日やっていること、明日もやってしまうこと
について考えてみます。

一般論として今日も明日もやることは
今週やり続けることになる確率は高いですよね。

であるなら、来週も、来月も、ひょっとしたら来年も・・。

だとすると、今の状況が大幅に変わると
期待できるでしょうか?

もしかしたら、「棚からぼたもち」のように
外部から支援の手がくるかもしれません。

実際そういうチャンスに恵まれる人もいます。

 

でも残念ながら、こうしたものは自分では
コントロールすることが難しい。

ですので、あなたのフラストレーションを解消する
ツールとして期待をおくことができません。

 

場合によっては、<引き寄せ>することも
可能かもしれません。

でもあなた自身が
「自分でわかって乗り越える必要がある」
と感じていれば、無意識レベルでは
安易に受け取ることを拒否したりします。

 

通常の意識(顕在意識)より
無意識(潜在意識)の方が
はるかに大きいといわれています。

ですので、両者が相反する状況では潜在意識が勝ちます。
タナボタを受け取ることは困難となるわけです。

 

主役のあなたの行動が必要

あなたには「力」があります。

今やっていることを止めたり
明日同じ繰り返しをしないと決める「力」が。

行動面でも何かを変えないと
未来は変わりません。

どんなにお願いしても、祈っても
現実に反映されるには時間がかかります。

 

でもあなたが行動すれば、そういう未来に
自らを運んでいくことになります。

行動の早い人が次々と実現させていくのは
そういう理由です。

わかっていたのに・・と悔しい思いをした人は
実際行動されたのでしょうか?

 

転職したのに、いつも同じように
ツライ状況になるという方へ。

確かに転職も行動の一つではあります。

でもやっている内容がほとんど変わらない
ということはないですか?

同僚や上司の顔ぶれは変わっても
繰り返しがもう1回増えるだけ・・。

 

本当に動き出せば、見えてくる世界も
変わります。

仮に失敗したとしても、こうすると失敗する
という貴重な「学び」を得たことになります。

 

もう一度立ち上がるとき

次回のチャレンジでは当然、同じ失敗をしないはずです。

「失敗しては立ち上がる」

この繰り返しがあるから進歩し、成果をあげるわけです。

あなたが部屋に閉じこもっていれば
周囲から遮断され満足に行動もできません。

でも部屋から出てくれれば
明らかに状況は変わりますね。

もしあなたが生まれてきたことに
目的があると感じるなら、
そして何かを学んで貢献したいと思うなら・・・

勇気を出して、何かを変えてみましょう。

人生に意味があるなら、
あなたがそれに向かって歩き出せば
きっと人生が応えてくれます。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。