【関連情報】大幅値下げ!別サイトで展開中の『テキスト&動画講座』がお求めやすく!詳しくはここをクリック!

これでストレスに対抗する!気分の落ち込みを防ぐ3つのヒント

これでストレスに対抗する!気分の落ち込みを防ぐ3つのヒントストレス

ストレスに対する耐久力は
個人差が大きいですね。

ケロリとしている人もいれば
ガックリと落胆を隠せない人もいます。

この差はどこから生まれるのでしょうか。
復活のヒントをお伝えします。

ストレスへの抵抗力を高めて気分の落ち込みを防ごう!

失敗しちゃった。どうしよう・・!?

仕事でも人間関係でも、
挫折や失敗の経験のない人はまずいません。

生きていれば成功だけで終わることはありません。
つまり失敗は必ずついて回ります。

人生にセットされている定番メニューなんですね。

 

ですが、明らかに大失敗なのに
ケロリとしている人がいます。

一方、そんなことで・・と思われるほど
ショックから立ち直れないケースも。

「心の回復力」をレジリエンスといいますが
生きていくためには大事な要素となります。

 

レジリエンス(心の回復力)を高めるための戦略を知ろう

自分の視点を取り戻せ

デール・カーネギーは名著「道は開ける」でこう述べています。

悩みに対する戦略を知らないビジネスマンは早死にする

ストレスにさらされ続ければ・・ということですね。
早急に対処した方がいいのは間違いありません。

 

悩み戦略1:他人の視点からの評価を優先しない

自分を問い詰めてはいませんか?

あなたを非難するであろう人物を想定し
あなたを採点させているかもしれない。

それでは深く傷つくのは当然です。
ですので「自分の目でどう思うか」に変更しましょう。

最善の手を尽くしてもダメなときもあります。
仕方ないことも実際あるのです。

※「謙虚さ」も必要ではあります。
あなたは謙虚かもしれませんが、自虐行為となっては行き過ぎです。

 

悩み戦略2:もっと大きな視点をもつ

もっと大きな視点をもつ

長い人生で考えれば
どうでもよいことって結構あります。

小学生の悩みを大人になってまで
持ち越している人はそう多くはないはずです。

成長に伴い悩みの質が変わるからです。

 

この論点でみても、そんなに大事な
ポイントでしたか。

10年後、20年後のあなたからみても
同じ判定でしょうか。

「他にもうまい方法があったかもしれない」

でもその時は、その方法しか知らなかったというのに。
それでも責め続けますか?

失敗を研究して、成功のきっかけに
なることはよくあります。

それでも失敗は悪いことでしょうか?

 

悩み戦略3:人生における意味を考える

人生における意味を考える

戦略2の派生ですが
その意味を深く考えようということです。
抽象度を上げると、問題の本質が見えやすくなるときがあるのです。

失敗で生じる感情は味わってかまいません。
必要があるからこそ、その感情は存在するわけです。

イヤな味なんで、さっさと次に行きましょう。

 

自分に質問してみて下さい。

もしこの失敗に意味があるとしたら何だろう?

 

ここから本当の自分との対話が始まります。

いっぱい考えて「うーんわかんない!」となったら
疑問だけ投げかけて対話を止めて下さい。

 

それでも無意識領域では答えを自動的に検索し始めます。
時間がたってから、ポンと浮かんでくるかもしれません。

「思考を止めて、感じてみる」とも表現できます。

 

 

ストレスに対する戦略はストレス耐性を高めます。
戦略を理解したら、まず効果的な防御を学びましょう。

>> ストレスへの対処方法!まず身を守ることから始めよう!

 


ps.

え、いつも同じ悩みで困っている?

でも言いかえると、成長するテーマを
把握できていない、十分に学んでいないと
いうことになるわけです。

お心あたりはありませんか?

 

きちんと向き合い、テーマを把握して
乗り越えると・・
→ 同種・同レベルの問題が起きなくなる
(=問題と思わなくなる)

これが人生の魔法です。
「成長するために人生がある」と信じた方への特典です。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。