【関連情報】大幅値下げ!別サイトで展開中の『テキスト&動画講座』がお求めやすく!詳しくはここをクリック!

期待して待つ効用

マインドセット

願望実現までの時間の使い方

「あとどのくらい?」

「いつになったら・・」

大きな目標を立てて頑張ってきたけど、
結果がなかなか出てこない・・。

毎年の入試でもそんなことが
繰り返されています。

試験日当日までの焦りや期待の
入り混じった複雑な気持ち。

試験が終わって発表をまつ心境・・。

誰しも経験がありますね。

 

こうした状況は大人になっても
いっぱいあります。

ビジネスでも、日常生活でも
登場人物などの設定は変わって何度もあります。

あなたがこうした状況にあるとき
どんな『感情』を感じていますか?

 

ゆれ動く心境

私たちは、物事が現実化されるまでに
なんとも座りの悪い状況に置かれることがあります。

先ほどの試験でいえば、

・早く試験日来ないかな~
・本番がもっと後にならないかな~

この2つの願望が交互に襲ってくるわけです。

ウキウキするときもあります。
「ここまで結構いい感じに仕上がってきた。
今までと傾向が変わることがあっても
条件はみな同じ。早く成果を試したい」

一方で、ウンザリした気分のときも。
「もうちょっと見直した方がいいかな。
でも最初から見直すには時間が足りないな。
あと1週間あったらよかったのに」

現実の状況は、当日になるまでは
カウントダウンが続いているだけです。

残り時間が刻一刻と少なくなることを
除けば、大きな変化はありません。

変わるとすれば、心境とそのセットに
なっている感情です。

まるで振り子のように変化するかもしれません。

 

感情は選択できる

どうせなら、気分のよい方を選びましょう。

いやな気分で過ごすより
いい気分のほうが良いのは当たり前。

気分が変わっても、やるべきことが
変わるわけではないですし。

弓をつがえて、矢を放つ。

バンバン的を射抜いていく
そんなイメージを想像してみて下さい。



あなたは草原の上でリラックスして
立っている。

ゆったりと構えてつつ、矢をつがえて
弦を引き絞っていく。

力感を感じながらも心を静めて
矢をおさえている指の力を静かに抜く

ひゅっ!

一直線に矢が飛んで、的の中央に突き刺さる・・


楽しい気分になりませんでしたか?
爽快感を感じましたか?

こういうイメージを持っていると、
(特にリアルに想像するほど)
ほがらかな気持ちになります。

先ほどまで感じていたプレッシャーは、
あなたにとっては技量を証明する
単なる「的」にすぎません。

プレッシャーの存在意義は
背筋を伸ばしてしっかりと弓を構える・・

そんな気持ちの張りを
もたらすことだったりします。

 

成功イメージを繰り返す

「予祝(よしゅく)」という言葉があります。
ご存知の方も多いかもしれません。

豊作を願って前もってお祝いすることで
「引き寄せの法則」にも通じます。

要は『成功』のイメージをあらかじめ
つかんでおく
ことですね。

 

※逆は「失敗のイメージを重ねる」
体はこわばり、あらぬ方向へ
矢は飛び去るかもしれません。

逆を考えるとわかりやすいかもしれません。

 

少なくとも
イメージを繰り返しもっておくことは
気分にもたらす効果が大きいと言えます。

もしかしたら、本当に実現するかもしれない。
繰り返し思うたびに近づいているかもしれない。
期待がさらに気分を良くさせます。

どうせなら、望む未来を楽しんでみませんか?

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。