感情の大波をやり過ごせ!自分を失わないコントロール法を身に付けよう

感情の大波をやり過ごせ!自分を失わないコントロール法を身に付けよう★心を元気に

感情が大きくゆらいで
コントロール不能になった経験はありませんか?

あるときは怒りで
またある時は不安や怖れで。

そこからパニックになることだってあるでしょう。

今回は「感情の波」との付き合い方をお話します。

 

感情の大波をやり過ごせ!自分を失わないコントロール法を身に付けよう

「好き・嫌い」から引き起こされる情動の力。
「正しい・正しくない」という理性の力を
はるかに超えるといいます。

スマホを求めて絶叫する幼児の話

日曜夜に外出先から戻る電車でみた風景。

30代半ばくらいの夫婦に連れられた女の子は
ベビーバギーに乗っていましたから
2歳くらいだったでしょうか。

車内はガラガラで私から3mほど離れて
両親も腰を下ろすことができました。

スマホを要求する幼児と父の様子

とたんに子どもが手を振り回して
大声を立て始めました。

「ス~マ~ホぉ~!」

空いているとはいえ
大きな声を出されては迷惑です。

父親はイライラが幾分
声に交じってはいましたが

「ちょっとなんだからガマンしようよ。
大きな声を出さないでね」
と声をかけます。

ヒートアップし半狂乱になる幼児

とたんに「ス~マ~ホぉ~!」が
絶叫に近い段階までボリュームアップ。

「ふざけんな~」の舌打ちまで
しっかり耳に届きましたが

泣く子には勝てず
スマホを子どもに渡す父。

手にしたとたんに泣き止む女の子。

スマホを手にして恍惚の表情に

私と同じ駅で降りましたから
わずか1駅の区間の出来事でした。
時間にして3~5分ほど。

ホームに降りたバギーを見ると
恍惚とした表情でスマホを見つめる
女の子の姿がありました。

つきものが落ちたかのように
別人のような静けさで
じっと画面に見入っていたのです。

衝撃を感じた幼児の表情の落差

大人さえ魅力に対抗するのが困難なスマホ。

2歳程度の子でも自由に使っているのも
驚きでした。

それよりも印象的だったのは彼女の
表情や行動の変化の大きさ。

さながら薬物でも打たれたかのような
変わりようだったのです。

 

我を失う経験とは「情動にジャックされる」こと

我を失う経験とは「情動にジャックされる」こと

自分の意志で生きていると思っていても
こうした情動に支配されるということは
たびたび起きるものです。

まるで精神が乗っ取られたかのよう。
私にも経験があります。

それでも大人の場合
ある程度は周囲もみえているはずです。

 

恐怖にジャックされると動けなくなる

情動に支配されることは
怒り以外のケースでもありそうです。

最たるものは恐怖ではないでしょうか。

「このままだとお金が足りなくなる」
「定年後生活が破綻する」
「あの人に相手にされなくなったらどうしよう」
「ずっと一人ぼっちかも」

この場合でも深刻に考えるほどに
思考停止を引き起こします。

そして身動きがとれない状態が
続いてしまうのです。

その間あなたのエネルギーは暴走状態。

感情の大波から脱出したころには
疲労困憊しています。

 

深呼吸や瞑想を使ってコントロールを取り戻そう

深呼吸や瞑想を使ってコントロールを取り戻そう

2歳の子に話して説得することは
無理かもしれません。

しかし大人ならば、あるいは自分自身なら
説得できる可能性はあります。

水面下で大波をやり過ごす

少なくとも大波をかぶって
混乱している人なら

息を止めて水に潜るように
教えることができます。

ずぶぬれにはなりますが
すでにかぶっているのだから大差ありません。

息の続くかぎりもぐって
ゆっくり水面から上がれば・・。

その時には大波は過ぎ去っています。

深呼吸のすすめ

この比喩「水に潜る」行為は・・

「深呼吸」のことです。

呼吸をゆっくりにするだけで
暴走状態からおだやかな状態に近付きます。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

これを意識的にやるのが瞑想です。

初歩的なアンガーマネジメントですが
確かに効果があります。

「なぜそんなに怒っているのだろう?」
「そんなに怒るところかな?」

こうした自分を冷静に見つめるメタ意識は
あなたを硬直から解き放す力があるのです。

是非お試しを。

 

まとめ

今回は電車で遭遇した
ある親子の姿をシェアしました。

スマホを求めて
半狂乱になっていた女の子のお話でしたね。

今回のポイントは

・情動にジャックされると収拾がつかない
・恐怖にジャックされると行動できなくなる
・コントロールを取り戻すのに瞑想・深呼吸が有効

ハンドルを自らの手に取り戻しましょう。
やればやるほど学習効果が働き、コントロールが容易になります。

 

ps.
コントロールに関しては
こんな記事もヒントになります。

>> つらい思いをコントロールできないときは

つらい思いをコントロールできないときは
悔しい思いはそう簡単に切換えできない・・確かにそうです。気持ちは見えませんし、右から左へというわけにもいかない。だったら好きなだけ味わって下さい。もうイヤだとなるまで味わえば、自然にベクトルが変わるものです。そこに罪悪感は必要ありません。

 
メルマガ購読はこちらをクリック


pps.
怒りで失敗する人もいます。
大きな感情だけに人間関係を破壊する力があるのです。

私は怒りに支配されると
何日も引っ張るしつこいヤツでした。
もう少しで大事なものまで壊すところだったのです。

おすすめの【関連記事】はこちら

おすすめの【まとめ記事】はこちら