【関連情報】大幅値下げ!別サイトで展開中の『テキスト&動画講座』がお求めやすく!詳しくはここをクリック!

感情にジャックされないために

マインドセット

感情には大きく揺り動かす力がある

幼児の威嚇

「ス~マ~ホぉ~!!」

日曜夜に外出先から戻る電車でみた風景。

30代半ばくらいの夫婦に連れられた女の子は
ベビーバギーに乗っていましたから
2歳くらいだったでしょうか。

車内はガラガラで私から3mほど離れて
両親も腰を下ろすことができました。

 

とたんに子どもが手を振り回して
大声を立て始めました。

「ス~マ~ホぉ~!」

空いているとはいえ
大きな声を出されては迷惑です。

父親はイライラが幾分声に交じっては
いましたが、「ちょっとなんだからガマン
しようよ。大きな声を出さないでね」
と声をかけます。

とたんに「ス~マ~ホぉ~!」が
半狂乱の段階までボリュームアップ。

「ふざけんな~」の舌打ちまでしっかり
耳に届きましたが、泣く子には勝てず
スマホを子どもに渡す父。

手にしたとたんに泣き止む女の子。

 

何が起きていたのか

私と同じ駅で降りましたから、わずか1駅の
区間の出来事でした。時間にして3~5分ほど。

ホームに降りたバギーを見ると恍惚とした
表情でスマホを見つめる女の子の姿がありました。

つきものが落ちたかのように、別人のような
静けさでじっと画面に見入っていたのです。

大人さえ魅力に対抗するのが困難なスマホ。

2歳程度の子でも自由に使っているのも
驚きでした。

それよりも印象的だったのは彼女の
表情や行動の変化の大きさ。

さながら薬物でも打たれたかのような
変わりようだったのです。

 

情動にジャックされると

自分の意志で生きていると思っていても
こうした情動に支配されるということは
起きるものです。

まるで精神が乗っ取られたかのよう。

私にも経験があります。

 

しかも私は怒りに支配されると何日も
引っ張るしつこいヤツでした。

怒りとの付き合い方/怒り続けた自分のクセ
なかなか怒らないが、発火点に達するといつまでもくすぶり続ける・・これが私の怒りのクセでした。「瞬間湯沸かし器」みたいな怒り方とは真逆の表現をしてきました。父親としてはどうなんだろう。過度に家族を傷つけてはいなかっただろうか?こうして考え直してみるとけっこうひどい父親だったかもしれません。

 

それでも大人の場合、ある程度は周囲も
みえているはずです。

ほしいものがあるからといって
地団駄踏む人はいないでしょう。

 

怖れにジャックされると

しかし、情動に支配されることは怒り以外の
ケースでもありそうです。

最たるものは恐怖ではないでしょうか。

「このままだとお金が足りなくなる」
「定年後生活が破綻する」
「あの人に相手にされなくなったらどうしよう」
「ずっと一人ぼっちかも」

 

この場合でも深刻に考えるほどに思考停止を
引き起こします。

そして身動きがとれない状態が続いてしまう
のです。

その間あなたのエネルギーは暴走状態。

感情の大波から脱出したころには疲労困憊
しています。

 

時には息を止めて潜る

2歳の子に話して説得することは無理かも
しれません。

しかし大人ならば、あるいは自分自身なら
説得できる可能性はあります。

 

少なくとも大波をかぶって混乱している人
には、息を止めて水に潜るように教える
ことができます。

ずぶぬれにはなりますが、すでにかぶって
いるのだから大差ありません。

息の続くかぎりもぐって、ゆっくり水面から
上がれば・・。

その時には大波は過ぎ去っています。

先ほどの比喩「水に潜る」行為は・・

「深呼吸」のことです。

呼吸をゆっくりにするだけで暴走状態から
おだやかな状態に近付きます。

これを意識的にやるのが瞑想です。

初歩的なアンガーマネジメントですが
確かに効果があります。是非お試しを。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。