【関連情報】大幅値下げ!別サイトで展開中の『テキスト&動画講座』がお求めやすく!詳しくはここをクリック!

心が元気になるサプリがあったら

自己対話

心に効くサプリは必要か?

想像してみて下さい。

もしテレビのCMやチラシなどでこんな商品が
宣伝されていたら興味を引きますか?

このサプリを飲んだ人は元気になります
病気は治りませんが、心だけは元気になります
今日申し込んでくれたら、キャンペーン!なんと1年分1000円で構いません!
安全な商品です。副作用はありません。日米で特許取得し安全性の認可もされています。

 

なぜ興味をひいたのか

あなたの注意を引いたのはどんなポイント
でしょうか。

コストも安全性も問題なさそうですが・・。

これを意識すると、自分が何を求めているのか
その傾向をつかむヒントが得られます。

すぐにでも買うことを思い浮かべた人は
なぜそこまで考えたのでしょう。

 

行動レベル直前まで気持ちが動いたなら
よほどの理由があったのかもしれないですね。

そもそも何も求めていないなら新しいものに
飛びつく理由なんてないはずです。

興味を引いたのは、あなたが何かを求めていて
そこに合致するように感じられたからではないですか。

※精神科医が処方する分野の薬に強い関心を
お持ちの方は例外かもしれません。

 

心を満たすクスリが示すもの

1日に何粒か飲めば、今よりも快活にその日を
過ごせる・・とイメージされた方は、現在は
その逆のイメージをお持ちなのかもしれません。

・毎日が長く苦しい時間の連続のように感じている
・かつて楽しい時間を過ごしたことを思い出せない
・そういう状況から脱出できるように思えない

つまり、自分のストレスの多い状況を実感
していて、しかも自分では状況を打破できそうもない

だから何かを使って切り抜けようとした
のではないか・・と考えられるわけです。

 

まずは心への理解を

自分自身を客観視すると新たな理解も
生まれます。

例えば、こういう解釈も可能なわけです。

・私は自分に無力感を感じている
・私はその状況から脱出したいと思っている

「そんなにストレスを感じてるとは
思わなかった」
そういう人もいるでしょうね。

意外に自分のことは盲点に入って
見えないものなのです。

自分の心の声を聞くことは
実は難易度が高かったりします。

 

孤独では袋小路に

もう一つ気になるのは、なぜサプリだと
手を出そうとしたのかということ。

自分が元気になるにはもう一つ方法があります。
それは誰かと話すことです。

もちろん誰でもいいわけではないでしょう。
つながることだけを優先すると
依存関係が生じてしまうかもしれません。

 

実際、「言葉にすること」には
感情面を整理する効果があります。

このことは以前取り上げました。

「自らを癒す」ヒーリングのシンプルな方法!話すことはクスリになる!
語ること、言葉にすることにはセルフヒーリングの効果があります。ささいなきっかけで自信を失うことがありますが、ただ待っていては苦痛の時間が長引くだけです。積極的にいやすために思い切って口にしてみる、まずはそういう環境をつくってみる・・のがおすすめです。

 

相手の言葉をきくことで
あなたの心に浮かぶヒントもあります。

一番近くにいる人(配偶者や恋人)が
そうしたことに向かないと感じているなら
仲のよい友人でも構わないのです。

むしろそういう可能性を排除してきたことが
問題かもしれません。

 

安心な相手さえいれば

心情を吐露することが怖いと感じるなら
どこかで心情を表現したときに
逆に傷ついた経験があるのかもしれません。

もしかしたら親に笑われたのかもしれない。

小さいころの経験でもう表面的な記憶には
なくなっていたとしても。

 

忘れていたとしても、あなたはその手の対話を
選択対象から外すことを選ぶ可能性が高い。

潜在意識は忘れることはないといいますから。

再び傷つく恐れのないサプリが魅力的なわけ
ですね。



こういう方にはライフコーチがおススメです。

今まで安心して話す相手に恵まれなかった
だけなんです。

自分の心の問題で他人に助けを求めるなんて
・・と思い込んでいたせいもあります。

 

考え方の整理をつけることを目的に
セッションを希望される人もいます。

欧米ではライフコーチがこういう目的で
認知されています。

 

ps.
私のライフコーチングは人生全体という
俯瞰した視点でもお話しています。

一方通行ではなく対話なのですが
こうした整理には非常に向いています。

体験セッションでは時間的に難しい面も
ありますが、セッションを繰り返すほどに
実感されているようです。

まずは気軽に試してほしいですね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。