【関連情報】大幅値下げ!別サイトで展開中の『テキスト&動画講座』がお求めやすく!詳しくはここをクリック!

「小さな衝動に耳を傾けること」は自分を大事にすること

マインドセット

ふと浮かんでくることを意識にとめているか

お風呂に入っているときや
掃除など無心に手を動かしているときなどで

何年も連絡をとっていない友人の顔が
急に思い出されたりすることはないですか。

「あれ、なつかしいな」

自然と昔の記憶をたどって
こんな話をしたよな・・と
当時の印象を思い返すことになるわけです。

 

特徴は理由がわからないこと

なぜ脈絡もなくその人のことを思い出したのか。

理由はわかりません。
ノーヒントで突然現れたような気がします。

表情や会話の断片、独特の雰囲気なども
次第に明確になってきます。

今何をしてるんだろう?

あれからどうしているのかな?

 

あえて遊んでみる

しかし、具体的な行動に移すことは
あまり例がないことかもしれません。

なぜなら心に浮かんだ理由がわからないからです。

そもそも衝動を感じることはいくらでもあるし
それについてずっと考えているなんて・・

お風呂を出るころには
たいていは忘れてしまいますね。

 

でもたまには衝動と遊んでみるのも
面白いかもしれない。

人、アイデア、昔の記憶・・等々。

理由がわからないまでも
何らかのメッセージを含んでいるかもしれない。

 

他人に関心を寄せる

相手だって突然連絡がきたら「ん?」と
不審に思うかもしれない。

でも、遊びだと思ったらどうですか?
ちょっとあいさつを送ってみるだけです。

リアルに話すチャンスがあるなら
声をかけてみてもいい。

 

「あれからどうですか」

「元気にしてますか」

「あなたの雰囲気覚えてますよ」

 

関心を寄せられて
嫌がる人はいないでしょう。

たとえ一言二言だけのあいさつだけだとしても。

 

自分=他人という視点

ユングの唱えた「超意識」という言葉が
あります。

自分と他人の心の奥底ではつながっている
ところがあるということです。

巨大なものの一部の細く長く伸びた先端部分が
それぞれの個人というイメージの方が
わかりやすいかもしれない。

その一部同士が自分/他人と
認識しあっている構図です。

 

もし、先ほどの衝動がどこからきたか・・
という問題に答えを出すとしたら
このつながりを通じてというケースも
あるのかもしれない。

 

わずか数分の冒険

だから、たまにはそういう衝動に参加して
みてもいいと思うんです。

自分が今悩んでいる問題にヒントをもたらす
かもしれない。逆に自分が相手のヒントに
なるかもしれない。

 

面倒くさい?
でもわずか数分ですよ。

しかもこの数分で、切れかけていた相手との
つながりが復活するかもしれない。

半年も音信不通が続けば、1年後、2年後も
その状態が続くであろうことは
容易に想像できますから。

 

心の声を聞く練習に

こうした衝動に従うことは
自分の心の声に耳を傾ける行為でもあります。

一生懸命に走っている最中には
聞くことすらかなわない「かぼそい声」です。

 

瞑想でもたらされる気づきや感覚だって
平静であることが絶対条件ですから。

自分の心の奥の声を聞く練習と
思ってみてはいかがでしょうか。

素直でなければ行動に移すことは
難しいものです。

その感性があなたに
新たな気付きをもたらすかもしれません。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。