【関連情報】大幅値下げ!別サイトで展開中の『テキスト&動画講座』がお求めやすく!詳しくはここをクリック!

ライフコーチの仕事

仕事

友人と話していると
思考のクセに気付くときがあります。

正確に表現すると、私と話していて友人自身が
自分の思考のパターンに気が付くのだと。

今回出てきたのは
自分に対する「ダメ出し」でした。

「こんな自分ではダメ」
「もっと努力しなくては」
という気持ちが表に出てくるのだといいます。

 

ライフコーチとのキャッチボールがもたらしたもの

信頼して話すと・・

会話中に私が感じていたのは信頼感。

リラックスしているから、自分の本当の想いに
気が付くのかもしれない。

話すたびに自分へのアンテナの感度が
上がっている印象を受けました。

 

自分では気が付いていないだけで
自ら本音を語っていることは珍しくありません。

それを指摘すると非常に驚いたりもする。
話すことは自分を理解することでもあるのですね。

 

振り返るとみえてくるもの

社会人と呼ばれてから久しいですが、意識の大半は
仕事や職業に向けられていたかもしれない。

自分の定義でも「○○の仕事をしている私」
というイメージが大半だった気もします。

この友人も同じでしたが、それだけ大事に
してきた仕事なのに、今までのどの職場の仕事
にも満足を感じないのだという。

それを言葉にすると次のようなもの。

・こんな自分じゃダメだ
・満足したらこれ以上良くならない
・もっと努力しなければ

 

クタクタになるほどエネルギーを使ってきて
それでも自分を責めるのは、・・酷だよね。

「こんな自分だからもっと苦労するべきだ」

これじゃ、あまりに自分がかわいそうじゃない?

 

思考パターンの罠

思考のクセ・パターンは気が付かない限りは
非常にやっかいです。

つねに一定の方向にバイアスがかかっているか
のように傾いてしまうことがあります。

「なんでいつもこういう目にあうのか・・」と
後悔とともに悲しむことになるのかもしれない。

 

一方、パターンに気が付けば
解決に向かいやすいともいえます。

なぜそんなパターンを持つことになったかと
いう疑問は強力な解決力を生み出すことも。

自分でもクエスチョンを意識すると
無意識のうちに答えを探し続けていくのです。

 

原因は今までの経験の中にあるはず。

相手がいれば、さらにその探索能力のレベルが
上がることになります。

自分が話すことにも、相手が話していることにも
ヒントがあるからです。対話の力の秘密は
ここにあるんですね。

 

人生を変える覚悟

この友人はその後の会話を通じて
結局は「独立」を決断しました。

今の仕事は表面上は続けながら
準備を始めるのだと言います。

セルフイメージを大幅に書き換えることに
成功し、ガマンしてお金をもらう立場だけが
生きる道でないことをハラで理解したようです。

 

「人よりできない」ことを指摘されたのは
事実かもしれない。

でも、それは子どものときの話。

人生の道は何回も分岐して、そのたびに
経験を増やし大きく成長した。

いつまでもそんなイヤな思い出で
自分を定義しなくてもいいでしょ・・?

これに深く同意してくれたのでした。

 

期せずしてライフコーチングした形ですが
友人が幸せになってくれればいい。

殻を自ら破り変化をとげていくプロセスに
立ち会うのは、私にとっても嬉しいことです。

それがこの仕事の醍醐味でもあるんです!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。