【関連情報】大幅値下げ!別サイトで展開中の『テキスト&動画講座』がお求めやすく!詳しくはここをクリック!

富士山で恐怖と戦った話

マインドセット

初めて富士山に挑戦してきました。

バスツアーの形なのですが、
山岳ガイドさんが頂上までついてくれます。

登山経験のない人でも「安心」です。

ただ「安心」といっても誰もが登頂に成功
するという意味じゃありません。

危なくないという意味での「安心」です。
体調が悪化すれば、それ以上は登れないのです。

 

ガイドがいれば、比較的安全な行程を用意し
ペースメーカーの役割をしてくれます。

3000mを超える高さにある山小屋で仮眠して
夜中に再出発。明け方直前に登頂するような
コースを設定してくれるのです。

結果から言うと、家族全員登頂に成功しました。

しかしその途中で、(ちょっと大げさですが)
私は死を意識するほど追い詰められました。

そのお話をシェアしたいと思います。

 

山小屋での究極の選択

あなたならどうしますか?

家族全員が山小屋で仮眠を取り始めました。
5時間後には出発です。

出発前日に3時間ほどしか寝ていないのに
私は眠れずにいました。

カラダを横にしたとたんドキドキのリズムが
変調していることに気が付いたからです。

 

「不整脈」を発症していました。

症状が出なくなってもう2年近く過ぎています。

何で今頃・・と言うのが正直な気持ちでした。

疲労の蓄積によるものでしょうか?
低酸素状態が引き金を引いたのでしょうか?

 

ガイドからは、万全の状態で挑戦するよう
話を聞いていました。

家族も挑戦するつもりで、一生懸命休息を
とっています。

持病のこの変調を申し出れば、ストップが
かかるのは確実でした。

家族にどう言うべきだろう・・?

一緒にきた友人達にはどう説明しよう・・?

あなたならどのような選択をしますか?

 

私は暗闇の中で賭けに出た

もし起床時間に頭痛や吐き気があれば
明らかに高山病でしょう。

その時は潔くリタイヤしようと決めました。

ただ低酸素状態で脈が乱れただけなら
血液循環が止まるわけじゃない。

頻脈という状態は、心臓のポンプ機能が十分
でないことを暗示しています。だから回数が多くなる。

 

一方で自分よりもはるかに高齢の方も登頂している。

いろいろ考えました。

 

ふと浮かんできたのは・・・

私の職業の「ライフコーチ」という言葉。

ここで何で連想したのかわからないですが
こういうタイミングには意味があることは
経験的にわかっています。

 

ひらめいたのは、
①ライフコーチを選んだのが天命だとすれば
何がどうあっても登山で命を落とすことは
ないはずだ。

となれば、望んだ登頂をやりとげられるよう
助けが得られるだろう。

②もし、自分の勝手な思い込みであれば
この極限状況で阻止されるだろう

・・ということ。

 

私は天命を信じていますが、この判断が
常識的ではないことは承知していました。

友人がそういうことを言ったら、確実に阻止
していたでしょうから。

 

息があがったまま横になっていた私は
天命に委ねることにしたのです。

呼吸法を繰り返しながら、これでどうだ?と
問いかけると、「大丈夫」という短い
フレーズがコダマのように返ってきました。

疲労と睡眠不足がもたらした幻覚だったかも
しれません。

 

強行したら最悪死んじゃうかもしれない・・
という怖れもありました。

でも自分をこの道に導いた存在がいるなら
この極限状態でも、わかるようにサインを
与えてくれると信じたのです。

どんな結果でも受け止めると、寝床でひとり
ハラを決めたのでした。

 

かろうじて登頂に成功

結果は、無事成功でした。

ただし足を引きずりながらかろうじて
・・という感じです。

あまりの呼吸の速さに過呼吸を
起こしかけていました。

頂上の山小屋で座り込むと、上半身にすら
シビレが来ているのを感じました。

たぶんガス交換的に限界だったのでしょう。

それでもしばらく休むとシビレは消えて
いきました。

 

そして念願のご来光!

驚くべきことに
目前に広がる雲海をみているうちに

その雲海から上がってくる太陽の光を
みているうちに

不自然な胸の動悸は消失していたのです。

 

何度繰り返し脈をとっても、正常に
なっていました。

答えを示してくれた・・と私はひそかに感動
していました。

 

最後に

今回ご紹介した私の判断は決して
おススメするものではありません。

単に運が良かっただけかもしれないのです。

 

ですが、私個人的には本当に信頼すれば
何が起きるか経験させてもらった気がしています。

もっと『自分』を信じる。

忘れがちですが、大事にしていこうと思っています。

 

ps.
下山では靴が合わなくて爪を痛め
歩行困難を感じるほどの激痛と戦いながら
降りてきました。

どんなにつらくても、爪の痛みで
死ぬことはない。

それが私を5合目の集合地点まで
導いてくれました。

 

 

最後までお読みいただき感謝します。