期待に応えるのは良いこととは限らない!引き受ける荷物を減らそう!

期待に応えるのは良いこととは限らない!引き受ける荷物を減らそう!★夢を叶える

もし状況を変えたいと思うなら
本当の原因を探して下さい。

ヒントはあなたの外でなく内側にあります。

忙しすぎると気付くのも大変です。
無理に引き受けた荷物をときには下ろして
思考力を回復させましょう。

「求めれば与えられる」とは聖書にある言葉です。
意図を持てば現実も変わり始めます。

 

期待に応えるのは良いこととは限らない!引き受ける荷物を減らそう!

疲れ切って帰宅する日が続いている。

そんなとき、ふと思うのは
別の職場だったら・・という想像の世界。

同時に転職への不安までふき出してくる。
こんなときは・・。

必死にもがくほど悪化してくる?!

必死にもがくほど砂が崩れてくる

あなたが懸命にこなせばこなすほど
周囲は寄りかかり
状況はむしろ悪化するかもしれません。

ときには
「助けてくれなかったからできなかった」
と失敗の原因にまでされてしまうことも。

役職が上がるほど
評価に占める個人の能力は小さくなります。

担当部署の業績が低迷していれば
「チームを育てることができない」
という烙印まで押されてしまうかもしれない。

かといって一人で残業を重ねて
チームでやるべき仕事を肩代わりしても
チームも人も育ちません。

 

許容量を超えて引き受けても依存は止まらない

周囲からの評価を求め過ぎるとコントロールを失う

一つ例をあげましょう。
私が一般の会社に勤務していたときのこと。

平日は毎晩遅くまで、土日返上で
仕事をするのもいつものことでした。

他人の問題を引き受けても問題が拡大するだけ

私はグループで100名以上となる
4社の経理の長という立場でした。

そのうち他部署で滞っている仕事まで
カバーすることを要請され

一般的な経理の業務に加えて
給与、採用、法務、広報に至るまで
駆け回る日々が続きました。

そうすると他部署はどういうわけか
さらにルーズになっていきます。

他人の問題で消耗する日々

必要な人員が不足していることは
明らかでした。

責任の所在は、必要な資質をもったスタッフを
集められない経営陣にありました。

彼らは問題が起きるたびに
私への依存度を高めていったのです。

明らかに職域を超えた要請も多く
反発も感じてましたが

「自分がやらねば誰がやる」とばかり
私はどうこなすかに集中していました。

もちろん目先のことをこなすのが精一杯。
それだけで自分を保っていた気がします。

 

努力の量が大事という価値観

私は当時、「努力の量こそ正義」と
考えていた節があります。

それにふさわしいことが起きていました。

世界はあなたの内的世界を反映したものである

この現実世界では、同時進行している
有形無形の多数の現象の中から

あなたが選んだ一部分を
選択して認識しています。

つまり、あなたが
情報のフィルターとして機能しているのです。

そのため、そのフィルターのクセも
反映していることになります。

脳の中にそういう仕組みがあるのです。

>> 脳生理学からみた願望実現の仕組み!決めれば物事が動き始める理由

脳生理学からみた願望実現の仕組み!決めれば物事が動き始める理由
何かを決めると人生が動き出します。今の状況的にはダメだとは思っても「これをする」と決めてみる。繰り返し考えるようにすると、無意識に情報をキャッチするだけでなく脳内ネットワーク内の仕組みにも反映されます。単なる気持ちの持ちようではないのです。

行動量が成果を決めるとは限らない

「がむしゃらに努力しなければいけない・・」

私はそう思って仕事に明け暮れてました。
でもこれも選択肢の一つでしかありません。

月給20万と月給200万の違いは?
労働時間が10倍違うのでしょうか。

明らかに報酬と労働量は比例関係にありません。

・質を高めるとか
・仕組みをつくることに成功すれば
一定以上の成果は出ます。

定時帰りで要領よく帰宅していても
仕事のクオリティが高い人もいるものです。

私は一方的に押し付けられただけでしたが。

 

自分との対話でクセを見つける

もし、あなたの視界をゆがめているクセを
見つけることができれば、世界は変わります。

がむしゃらな動きで
崩れた砂に頭から埋まるのではなく

砂をたたいて整地していく
イメージでしょうか。

足がしっかりと地面をとらえれば
前へ進むことができます。

あなたが変われば
先ほどのフィルターが変化して
異なる現実を創り始めます。

 

ひそかに刃を研ぎましょう

大きく変える必要はありません。

でも「別の見解もあり」と感じたなら
その可能性を現実にも少しだけ反応させます。

簡単です。

そのことをちょっとだけ
時間をとって考えるだけでいい。

最初は3分、5分の短時間でも構わないのです。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

考える時間が増えてくると、やがてあなたの
アンテナの感度が変わります。

流入してくる情報にも変化が生じます。

そこでもし、行動したい欲求が強まったら
現実に行動を起こせばよいのです。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

いきなり転職活動でなく、
転職活動している自分をイメージする

楽しく仕事しているイメージを想像してみる。

そうするとだんだん見えてきます。

今の何が足りないか。
自分が本当は何を欲していたのかが。

 

他人の力も借りるとより加速する

他人の力も借りるとより加速する

ときにはこうしたイメージを
他人と共有するのも有効です。

イメージは
語ることでより明確化します。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

私見を差しはさまずに聞いてくれる人がいれば
より望ましいと言えます。

ライフコーチもそういうお手伝いをしていますが
基本は対話のキャッチボールで成立しています。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

人生の流れを変えるポイントに近づいている」

こんなふうに思われる方、この表現にピンときた方は
ぜひご検討下さい。

あなたのアンテナは関係性の高いものに
強く反応するようになっているからです。

 

まとめ

では今回のまとめです。

負のスパイラルは自分で引き起こしていた

周囲の依存を高めてしまう負のスパイラルについてお話しました。

実体験でも経験したのですが、やればやるほど自分も消耗し
周囲はそんなあなたによりかかろうとします。

ここで感じていたのは自己犠牲の尊さや
処理能力の高さというプライド。
自身の価値観が現実に反映されていたのです。

価値観は「内観+イメージング」により変更できる

自分との対話で思い込みに気付くと
脳内のフィルターが変化して違う現実を見せ始めます。

RASがあなたの変化に応じて
認識する情報を変化させるからです。

イメージングは現実化に結び付く効果的な手法ですが
語ることはそのプロセスを強化します。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

『自分が世界を創っている』というわけですね。
新たな人生を考えるきっかけになれば幸いです。

 
メルマガ購読はこちらをクリック


ps.

願いは明確なほど
実現の可能性が高まります。

願いのフォーカスが甘くなったら
この記事でピントを合わせてみて下さい。

おすすめの【関連記事】はこちら

おすすめの【まとめ記事】はこちら