【関連情報】大幅値下げ!別サイトで展開中の『テキスト&動画講座』がお求めやすく!詳しくはここをクリック!

この1か月を特別な月に変える思考法

自己対話

思考の転換が必要だ

今の仕事では満足にはほど遠い。
いつも疲れ切って帰宅してる。

冗談じゃない。
人生のムダ遣いしてるんじゃないか?

そんな時にふと思うのは
別の職場だったら・・という想像の世界。

同時にこんな気持ちも浮かんできます。

・新しい人間関係になじめるか
・もう若くはない
・そもそも新しい仕事ができるのか
・給与が今よりも下がるのではないか

等々。

もうイヤだ!

それ以上は考えないで、テレビやスマホに
意識を向けるかもしれませんね。

でも思考停止していても時間は過ぎていきます。

かくしてまた新しい1か月が始まりました。
あなたはどんな月にしますか?

すべてはあなたの選択にかかっています。

 

必死にもがくほど砂が崩れてくる

あなたが必死に仕事をこなしているとして
あなたはそれに満足しているでしょうか。

あなたが懸命にこなせばこなすほど
周囲は寄りかかるかもしれません。

ときには
「助けてくれなかったからできなかった」
と失敗の原因にまでされてしまうことも。

会社組織だと、役職が上がるほど組織
としてのアウトプットが評価の中心です。

営業部長なら、部長の人格の評価もゼロでは
ないでしょうが、評価の主なポイントは
営業部のパフォーマンスとなります。

であれば、チームを育てることができない
という烙印まで押されてしまうかもしれない。

かといって一人で残業を重ねてチームで
やるべき仕事をずっと肩代わりしていても
チームも人も育ちません。
※これはかつての私の姿ですね。今考えてみるとダメ上司でした。

「一生懸命家事をこなし続けてきた
お母さん。声をかけても誰にも手伝って
もらえない」

こんな状況とどこか似ています。

 

原因を心の中に探る

一つの考え方を紹介します。

世界はあなたの内的世界を反映したものである

この現実世界では、同時進行している
有形無形の多数の現象の中から
あなたが選んだほんの一部分を
選択して認識しています。

つまり、あなたがフィルターとして機能して
いるのです。

この時、必ずそのフィルターのクセを
反映していることになります。

がむしゃらに努力しなければいけない・・
とは、あなたが「そう思っている」ということです。

現実にはそういう人ばかりではありません。

例えば、努力していないのようにみえるのに
結果を出す人も存在します。

定時帰りで要領よく帰宅していても
仕事のクオリティが高い人もいるのです。

月給20万と月給200万の違いは?

労働時間が10倍違うのでしょうか。

あなたがなぜ「そう思う」のか
よく検討する価値があります。

 

私の悪いクセは他者からの評価を求め過ぎたこと

一つ例をあげましょう。

私が一般の会社に勤務していたときのこと。

経理課のメンバーは新人2名、唯一の経験者
はパワハラを後輩に繰り返す問題児で
コミュニケーションに大きな欠点がありました。

彼らをとりまとめる私は平日は毎晩遅くまで
ときには土日返上で仕事をしなくては
なりませんでした。

上司や社長に人員構成に無理があることを
伝えていれば、カラダを壊すほど
仕事しなくても済んだかもしれません。

自分自身に十分なプライドを感じていないから
・必死にカバーしようとした
・時間の長さで埋め合わせようとした
・一人で最後までやろうとした
・無理を無理といえずになんとかしようとした
のですね。

批判を繰り返すことで私をコントロール
しようとした上司や経営層。

専門性すら持たない彼らの術中に
私は完全にはまっていたのでした。

 

自分との対話でクセを見つける

もし、あなたの視界をゆがめているクセを
見つけることができれば、世界は変わります。

がむしゃらな動きで崩れた砂に頭から埋まる
のではなく、砂をたたいて整地していく
イメージでしょうか。

足がしっかりと地面をとらえれば、前へ進む
ことができるのですから。

あなたが変われば、先ほどのフィルターの
性質が変化して異なる現実を創り始めます。

 

ひそかに刃を研ぎましょう

大きく変える必要はありません。

でも「別の見解もあり」と感じたなら
その可能性を現実にも少しだけ反応させます。

簡単です。

そのことをちょっとだけ
時間をとって考えるだけでいい。

最初は3分、5分の短時間でも構わないのです。

10分間フォーカスをしぼって考え続ける
ことは意外に難しいと思いますが。

 

考える時間が増えてくると、やがてあなたの
アンテナの感度が変わります。

流入してくる情報にも変化が生じます。

そこでもし、行動したい欲求が強まったら
現実に行動を起こせばよいのです。

 

いきなり転職活動でなく、
転職活動している自分をイメージする

転職後、新しい職場で楽しくバリバリ
仕事しているイメージを想像してみる。

そうするとだんだん見えてきます。

今の何が足りないか。
自分が本当は何を欲していたのかが。

 

他人の力も借りるとより加速する

ときにはこうしたイメージを人と共有する
のも有効です。

イメージは語ることでより明確化します。

 

私見を差しはさまずに聞いてくれる人が
いればより望ましいと言えます。

ライフコーチもそういうお手伝いを
していますが、さらに人生全体という視点も
加えているのが特徴です。

人生の流れを変える」ポイントに近づいて
いると思われる方、この表現にピンときた方は
ぜひご検討下さい。

あなたのアンテナは関係性の高いものに
強く反応するようになっているからです。

 

どんな人物か気になるって?

ブログやメルマガを見れば
おおよそ見当がつくと思います。

そのうえで体験セッションを依頼すれば
十分に見極めができますね。

いずれにせよ、この1か月の意味を
決めているのは他でもないあなたです。

先月と同じような1か月にしますか?
それとも特別な1か月にしますか?

 

新たな人生を考えるきっかけになれば幸いです。
最後までお読みいただき感謝します。