【関連情報】大幅値下げ!別サイトで展開中の『テキスト&動画講座』がお求めやすく!詳しくはここをクリック!

楽しくしていると周囲も幸せになる!

自己対話

楽しくしていると周囲にも伝わる

先日、秋休み中の長男が
友人とディズニーランドへ行ってきました。
開園前に到着し、閉園の時間まで遊んできたのです。

自宅から2時間くらいはかかるため
子どもだけの外出としては
初めて帰宅が日付を超えることとなりました。

さて、あなたなら何を感じますか?

 

拘泥するポイントはあなたの信念体系の反映

高校生であれば、友人同士のディズニーへの外出も
「特に問題なし」と考える方が多いと思います。

私もその点には全く同意していて、気持ちよく送り出したのでした。

 

子どもから事前に相談されたのは、お金のこと。

入場券も子どものお小遣いからしたら高額ですし
園内でもかなりお金が必要。

長男としてはしばらく家族でも行っていないし
文化祭で親睦を深めた仲間と遊びたいという気持ちを話してくれました。

お年玉をストックしている口座から
お金を引き出してほしいこと、入園料を出してほしいこと。。

長男としてはかなり頑張って事前にプレゼンしていました。

彼の高校は共学ではないので、それはそれで面白いのか・・とも思ったり(笑)
覚悟を持って話している様子だったので、私も妻も賛成したのでした。

彼の口座からお金を引き出し
親からのお小遣いも加えて送り出しました。

子どもに渡す金額としてはかなり大きいので
抵抗がなかったかと言えばウソになりますが。

 

彼は朝4時ぐらいに自分から起きて
友達と待ち合わせて開園前に到着。

なかなか朝起きれない彼としては
それほど大きな楽しみごとだったのです。

 

公式HP(https://www.tokyodisneyresort.jp/)より

 

心の底から楽しむと軽くなる

22時の閉園になってから現地を出発した彼は
当然のごとく日付が変わってから帰宅しました。

実は我が家では門限を定めていません。
常識で考えて対処するように話しています。

遅い出発になってゴメン・・と妻のスマホには
連絡が入っていました。これで十分だったのです。

彼が帰宅した時には、兄弟たちはもう寝ていて
私と妻が出迎えました。

 

一日中歩き回って疲労した様子でしたが
なんともいえない「清々しさ」のようなものを
表情に感じて、ふと胸を突かれたのです。

一目見てわかる変化でした。

 

興奮冷めやらず、リビングで話し続ける長男。
心底満喫したということでしょう。

苦手だったジェットコースターが楽しくて何度も乗ったこと
たまたま隣になったのが、かわいい女の子だったこと
コスプレしている人が多くいて、沢山の写真を撮ったこと
・・等々

かなり豪快に遊び倒してきた様子。
お土産も買ってきてくれました。

 

思い返せば受験に失敗して、決して行きたくはなかった学校でした。
それでも時間が過ぎるにつれ、仲間もできて終日一緒に過ごしてもいる。

『楽しむことはいいことだ』

言葉で表現するとそんなところでしょうか。

なぜか「よくやった!」と称賛する気持ちを感じていました。

 

なぜこれを見せられているのか

目の前に起きていることには意味があります。
自分の心が「何か」を受信している印象を受けていました。

まず自分の記憶をひも解いてみると
私にはこうした経験が少ないように思いました。

例えば心底楽しむ・・と決めていても
「こうしないといけない」という縛りを常に意識していたように思います。

 

よくあるのがお金のブロックですね。

わりと小さいころから経済観念の発達していた私は
遊びに使うお金はかなり制限していました。

親にねだることもなかったように思います。

 

この長男。
興味の持つ分野とか、ちょっとマニアックになるところとか
明らかに私とタイプが似ています。

背格好も当時の私とほとんど変わりません。

 

しかし、とりわけ「心のおもむくままに・・」
という面では私の参考になる要素が満載なのです。

何かと一生懸命になって
周囲が見えなくなる私には、なんとも示唆に富む存在。

親としては、普段のだらしない姿に文句もいいたいですが
存在としての『彼』には別の側面を感じていたのです。

 

自分も楽しむと決める

誰しも家族には大きな意味があります。

彼には、私に何かをメッセージをくれる役割なのかなとも感じました。
どこか不思議な成熟を感じるところがあるんですね。

今回は「楽しむと決めたら楽しむ」

それで何の問題もないということを見せてくれました。

お金に関しては、それはまた稼げばいいことです。
それは彼が気にするポイントではないことは明らか。

 

でも「高校時代の友人と遊び倒した1日」のような
長らく記憶に残るであろう思い出は、そう何度もチャンスはありません。

それを残してあげることができたことは
自分としても「よかった~」と胸をなでおろすものでした。

あなたは毎日を楽しんでますか?
私は「今日を楽しむ」と決めましたよ!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。