『インサイド・アウト』は引き寄せの法則と同じ願望実現システムだ!

『インサイド・アウト』は引き寄せの法則と同じ願望実現システムだ!★夢を叶える

『インサイド・アウト』という言葉。

初めて聞いたのは
コヴィー博士の代表作『七つの習慣』でした。

何かに問題があったなら
その原因を探ろうとするのは自然なことです。

原因さえ突き止めれば
改善の方法を見つけることもできるでしょう。

となると「原因をどう突き止めるか」が
重要ということになります。

 

「自分はベストを尽くしていたのだから、自分のせいではない」

こういう視点に立てば
特定の個人や環境に責任を求めることはカンタンです。

でもこの言葉の意味するものは
全く別のアプローチの存在を示しています。

 

『インサイド・アウト』は引き寄せの法則と同じ願望実現システムだ!

自分の外側に答えを求めてもダメ

何かに不満があったとき
相手や環境に原因を求めるのが一般的かもしれません。

「あいつのせいだ」
「社会の状況がね」

つまり、自分以外の場所でヒント探しを
することになるわけです。

でもこれでは解決に結びつかないのだと。

 

内面が外側をつくるという考え方

ではどうするかといえば
「外側を変えるには自分の内側から変える」
ということ。

つまり、まず自分が
願いにふさわしい存在になるこということですね。

そうするとあなたを取り巻く環境が
それに追随してくるかのように変わっていく・・

最初に読んだときには受け入れられなかった

最初に読んだとき
この逆転の発想が新鮮だったのを覚えています。

正直に言うと、真っ先に否定したのです。

「そんなバカな・・。
因果関係を無視しているじゃないか!」

頑張って相手を変えようとしてもムダだった

頑張って相手を変えようとしてもムダだった

でも自分の経験を思い返してみると
いくつか心当たりがありました。

例えば「わかってくれないんだ」と
「わかるように話したのだろうか」の違い。

相手を変えようとしても
干渉しすぎれば逆に相手との距離が開くものです。

「わかろうとしないんだ」と
「わかるように話してやるもんか」では
ベースの波長が似ているのです。

時間の経過は必ずしも味方にならない

次に相手が変わるまで待とうとしたら
多くの時間を苦痛な関係のまま
過ごすことになりました。

トラブルの場面を思い出すたびに
不快な気持ちが浮かんできます。

有効策としては
できるだけ距離を置くことだけ。

でも相手が職場や家庭に関わりがあるなら
接触頻度を減らしようもない。。

時間経過と共に嫌悪感が強まるだけです。

関係改善は自分の考え方が変わってから

結局、自分の考え方が変わるまで
事態は動きませんでした。

もともと意固地な性格なので
ひたすらお互いガマンしていたのだと思います。


・相手には相手の人生がある
・間違いなんて別の尺度では意味が変わる
遠回りすることがあっても
それを学ぶのが目的なら正しい人生の選択だ。


こう考えるようになったら
彼らとの関係は改善しました。

友人関係もそう。家族もそう。
とりわけ家族関係は劇的に変わったと感じています。

息子との5年以上もの停滞が
大きく改善されていますから。

 

受け取るって味わう感覚のことでは?

受け取るって味わう感覚のことでは?

受取るって難しい

『願う・創られる・受け取る』

願望実現のこの3ステップで難しいのは
3つ目の「受け取ること」だと言われています。

受け取るには努力が必要で
汗をかくことが先だと思っていました。

だから受け取れなかったのかもしれないと
ふと気付いたのです。

先に成果を想像して楽しむ

先に望みを決めて、手にした喜びを想像してみます。
周囲の喜ぶ顔を心に浮かべると効果的。

もしそのときに「行動したい」という
気持ちがわいてきたらチャレンジ開始です。

無心に取り組んでいたらさほど疲れませんし
いつの間にか「作品」が完成している・・という具合。

周囲の笑顔が浮かんできますから
こちらも幸福感に包まれます。

わかってみたらカンタンなことでした。
自分がどんな波長の状態でいるかがキーだったのです。

 

インサイド・アウトと引き寄せの法則は似ている

「同じ波長のものを引き寄せる」
これが引き寄せの法則を一言で表現した言葉ですが

自分がふさわしい存在になれば
同じ性質のものが次々と人生に登場するということですね。

あなたが上機嫌でいれば
上機嫌でいるようなことが起こり始めるということです。

 

『いい気分でいることより大事なことはない』

エイブラハムがいつも強調するこの言葉だって
結局は同じことを指していると考えています。

願いがかなった状態を先に感情面で味わうとき
アンテナは外部ではなく内部に向いています。

受け入れる状態が心の中で作られると
外界も追随するかのように変化していく。

結局「インサイド・アウト」は
「引き寄せの法則」と同じ内容を表現しているのです。

 

※以下は参考までに。
>> 完訳 7つの習慣 30周年記念版
>> まんがでわかる 7つの習慣

 

メルマガ購読はこちらをクリック


ps.

願望の実現には
叶えやすくする一定のテクニックもあるようです。

気軽に試してみてはいかがでしょうか。

おすすめの【関連記事】はこちら

おすすめの【まとめ記事】はこちら