コロナに負けるな!まず自分から豊かになって疲弊した世界を救おう!

コロナに負けるな!あなたから豊かになって疲弊した世界を救おう!★夢を叶える
スポンサーリンク

コロナに負けるな!まず自分から豊かになって疲弊した世界を救おう!

元記事は2020年4月の中旬に書いたものです。
最初の緊急事態宣言が発令されていた時期。

当時と変わらないのは、医療関係者には
過酷な労働が強いられていること。

しかし2020年4月の段階では
感染報道に不安を感じながらも

突然始まったゆったりとした時間の流れを
見る余裕がありました。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

1年後の2021年4月では
ようやくワクチン接種が始まりましたが

変異ウイルスの席巻が明らかなこともあって
不安は解消されるどころか
拡大しているように感じます。

度重なる要請にかかわらず減らない人流をみると
自粛疲れどころか、「あきらめ」に似たムードも。

 

コロナ禍で落ちている生産性は豊かさを減少させる

「まぁ仕方ないか」

自分にも他人にも
そう納得させているかもしれません。

国内での感染者数は明らかに増加していますが
世界的にみれば低いレベル。

今でも危険にさらされている命を考えれば
気を緩めることはできませんが

全体としては「一定の制御はできている」
ということになるのはずです。

その間にやるべきことがあるのでは・・
とよく考えます。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

この1年で在宅勤務の割合は確実に増えました。

長時間オフィスにいることや居酒屋で感染するリスクを
考えて、さっさと帰宅する習慣も身に付いている。

問題は生産性です。

在宅でできる仕事に置き換わったとして
本来の仕事がもたらすはずのレベルに
到達するものでしょうか。

仕事のやり方が変わっても
構わないのですが

以前と同等以上の財やサービスを
生み出さなければ
社会全体での富は減少します。

 

価値観を変える覚悟!新しい方法で豊かさを目指せ

昭和から続く長時間労働で支えられていた
社会全体の富。

ずいぶん意識が変わってきていましたが
今回のコロナウイルスの蔓延で
その蓄積分を大きく取り崩すことになりました。

世界全体で起きていることではあります。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

状況が変わることをただ待っているだけでは
それはただの『停滞』です。

浪費とさして変わりません。
蓄積分を失った人から
しだいに騒ぎの声が大きくなります。

家にいて、通勤の必要もないなら
フレッシュな頭で考えてみたらどうでしょうか。

同じやり方ではなく違う方法で
その仕事ができないか。

単純作業をできるだけ少なくして
あなたにしかできない作業に集中し
それを評価する仕組みがつくれないか。

本当にやりたい仕事で
「新しい富」を作ることができないか。

 

会社という組織も変わる

会社という組織の存在理由複数の人間が役割分担した方が
一人で何でもこなすよりも
大きなことができる、生産性も高くなる・

これが会社の存在意義だと思っています。

もっともそれに安住して
さほど貢献しないでよりかかる・・
というケースも散見されますが。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

これが在宅という自分で仕事をする環境になれば
成果主義の割合が増えます。

何時間やったから・・というのはあまり意味がなく
ITに強く1時間で仕上げた部下の仕事が

電話で情報を集め4時間かけた上司の仕事よりも
精度が高いということも頻繁に起きてくる。

管理職の評価基準も変わることでしょう。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

仕事をわかりやすく解説できない上司は
『使えない』という烙印が押されるわけです。

ましてや「かばん持ち」のような貢献方法は
評価のしようもなくなります。

おのずとフリーランスとしての生き方と
酷似してきます。

社会人歴20年選手と数年程度の若手が
同一線上で争うかもしれない。

会社自体も存続のピンチに
あったりするかもしれない。
それでもあなたは大丈夫ですか?

 

本物の豊かさでなければ時間稼ぎにしかならない

時間は限られています。かつてない財政出動したって
追いつくものじゃありません。

ないよりはいいでしょうけれど、
「何かしてもらうこと」にフォーカスしても
実態に追い付かないだろうことは予測がつきます。

しかもその原資は将来の富からの借り物です。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

これからの私たちやその子供たち
孫たちが稼ぎ出すものを使おうとしている。

今をしのげればOKじゃないんです。
借りた分を返せるぐらい、国全体の富を
増やさなくてはならない。

そのためには・・
あなたがまず豊かにならなくてはいけないのです。

「自分に何ができるか」いうところから
始める必要があります。

今までのことにプラスアルファを
考えなくてはなりません。

 

この時間をムダに過ごしてはもったいない

あなたが富を作り出すことを考え出すと
おそらく生き方も変わります。

時代はAIの台頭でもわかるように
単純な作業は人間がやらなくてもいいような方向に
進んできています。

就職先で大人気だった主要銀行ですら
業務をスリム化し事実上の人員の削減を始めて
もう数年になります。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

機械にプログラムしにくい仕事というものは
今後も残ることでしょう。

でもこれも大きく2種類に大別されるはずです。
一つはプログラムするには面倒すぎ
人件費の方が安い仕事。

もう一つは機械ではできないぐらい
クリエィティブな仕事。

面倒で単価の安い仕事を引き受ける
しかない人も出てきます。

でもそうでない仕事を選択したいなら
今何をしますか?

 

あなたこそ重要人物(キーパーソン)です!

あなたこそ重要人物(キーパーソン)です!

自分に何ができるか・・
これを考えることは今までになく
重要な意味を持ちます。

あなたが覚醒しなければ
社会全体が落ち込むことは止められません。

実は大げさではないんです。
ふつうの人だからこそ、真の責任に目覚めたら
大きなムーブメントにもつながります。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

目覚ましい働きを始めて存在感を放つあなたは
周囲に大きな影響力を持つからです。

そんな人があちこちにいたら
いずれ大きな動きになりますよね。

きっと失われた富を取り戻して
余りある豊かな世界を手にできるはずです。

私はそんな世界を子どもたちに残したい。

 

自分を見つめ直すなら対話が早い

自分を見つめ、本当にやりたいことを
探すことの重要さは日増しに強くなっています。

あなたが1日スタートすることを先延ばしにしたら
困惑する人はさらに増えます。

状況をただ眺めている時間はないのです。
その間にも豊かさが増えずに
消費されていくのですから。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

本当の『じぶん』を取り戻すには
地道な作業が必要です。

内観や瞑想はそのための有効な方法ですが
もう一つスピード感のある方法があります。

それは他人にあなたの鏡としての役割を
してもらうことです。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

「対話」と呼ばれる手法であれば
自分の紡ぎだした言葉から本当のことがわかります。

ぜひこの機会にライフコーチと
話してみて下さい。

自己表現が急務となれば
サポートもできます。

私の場合、両者を並行して進めることも可能です。

ネットはこの時代、欠かせないインフラそのものです。
どちらからスタートしても、きっと未来が変わります。

 

この時代に生きている理由を考えましょう。
あなたにしかできないことがあるはずです。

 

メルマガ購読はこちらをクリック

★夢を叶えるマインドセット
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ライフコーチ加茂康明