【関連情報】大幅値下げ!別サイトで展開中の『テキスト&動画講座』がお求めやすく!詳しくはここをクリック!

stay homeで起きること。身近な人間関係の悪化に備えよ!

stay homeで起きること。身近な人間関係の悪化に備えよ!_1教育・子どもとの関係

子どもの学校から、登校再開が6月に伸びるとの連絡がありました。

追加の自習教材を郵送してくる学校もあれば、オンラインでの授業のテストを開始した学校もあります。それぞれに具体的な方策を展開し始めました。

このままではいられない学校

休校が始まった3月2日時点でも、もしかしたらGW明けでも終息していないかもしれないという声はありました。学年末の時期であり、春休み期間もありましたから、ちょっとお休みが長くなるのかな・・とどこかのんびり考えていたところもあったのですが。

突然のカリキュラム変更に翻弄される学校、友だちにいつまでたっても会えない子供たち。学校サイドでも、もう待ってはいられない・・と動き始めたというところでしょうか。

 

何もしなければ弊害が拡がる

授業を受けることなく、各自のペースに委ねたままでは教育格差が大きく広がってしまう・・というのが先日の記事の内容です。だからこそ親の姿勢が問われると書きました。

子どもの学力問題。今後に大きな影響を与えるのは〇〇〇の姿勢!
これ以上休校が長引くとどうなるか。現在の状況は「学ぶとは」「学力とは何か」ということを問われていると思っています。先生任せ・塾任せではなく、やはり親が考え方を教える・伝えるということが大きな意味を持ちます。お子さんとのコミュニケーションは大丈夫ですか?

今月も登校することはないとわかれば、なおさら具体的な手を打つ必要があるでしょう。生徒が3カ月間も授業を受けられない、教育の機会が失われるという事態。

失った時間は取り戻せません。

じっと状況を見ているままでは
困ったことになるのは目に見えています。

 

学校に行かないことから波及した問題

それともう一つの問題があります。

それは子どもがずっと
家にいるということのデメリット。

これを無視できなくなっている家庭も
増えているのではないでしょうか。

食事の支度などの手間も
増えているばかりでなく

家庭内での衝突が
じんわり増えているかもしれない。

 

子どもに蓄積されたストレスは
普段やらないようなやんちゃを繰り返す原因に。

となれば在宅での慣れない仕事を
抱えた親のほうにもイライラが増えてきそうです。

子どもが学校にいる・家にいないことの
価値をあらためて感じるきっかけになっているわけです。

 

ストレスの増加がさらに歯車を狂わせる

在宅でラクになったと喜んでいた人も
しだいにこうした自宅での環境が
悪くなってくるとストレスがたまります。

負担をカバーするはずの夫婦間ですら
コミュニケーションが悪化するかもしれない。

一人になれる空間は、意外に大きな役目を果たしていたのです。

 

もし夫婦間で普段から
まともなコミュニケーションをとっていなければ
さらに悪化する危険があります。

つっけんどんになったり、不愛想になったり。

会話すらロクに交わしていない相手が
ずっと至近距離にいたとしたらどうでしょう。

気分転換する機会を失った今では
ストレスはさらに増えることになるでしょう。

stay homeで起きること。身近な人間関係の悪化に備えよ!_2

夫婦の危機が増加する!?

その結果増えてくると予測されるのが
夫婦喧嘩や離婚という結末です。

・気に入らない相手がずっと目の前にいる
・自分から話そうともしない
・話しかけると露骨にイヤそうな顔をする

 

適切な距離をとっていたからこそ
(仮の)安定を保っていた夫婦関係では

今回の騒動で急激にバランスを
崩すことになりかねません。

 

でも「コロナが悪い」から
起きているわけではないのです。

いずれ対決することになる問題が
早めに表面化してきただけのことです。

 

相手は変えられない

相手の態度が悪いから何とか変えさせよう!

ここで勇気を出して取り組むのは
かえって溝を深めるかもしれません。

というのも
「自分は間違っていない」
「悪いのは相手だ」
という前提があるからです。

 

そういう行動をとっているには
相手なりの理由があります。

相手の目には、あなたにも
その原因の一端があるかもしれないわけで。

それでは、まずやるべきことはなんでしょうか?

 

自分に問うことが重要

そういう人間関係をつくってしまったのは
あなたにも原因がないとは断定できません。

だからまず考えるべきは
「自分自身に変えられるところはないか」ということです。

stay homeで起きること。身近な人間関係の悪化に備えよ!_3

相手に合わせるための工夫の余地をいっているのではなく
もしこれが成長の機会だとするならば

あなたが何を学ぼうとしているのか」ということです。

あなたは笑顔を見せていたでしょうか
あなたはおだやかな言葉で語りかけていたでしょうか

相手から期待できないから自分の方からしない・・というなら
さして改善は見込めないのはわかるはずです。

相手を見る目がなかったと悔やむより
あなたに出来ることが残っていないか探しましょう。

 

××してくれないアイツのせいだ

こうして相手に求めるばかりなら
あなたが要求しているのと変わりません。

 

いつもグルグルしてわからなくなってしまう

本当の自分が何を考えているかわからなくなったら
ぜひライフコーチに声をかけて下さい。

 

そのうえで相手を知ること

相手を知る・理解することが
解決の糸口になることはよくあります。

でも、まず自分。次に相手ですので。
順番を間違えるとエライことになりますよ。

相手の悪いところにフォーカスし続ければ
そこを拡大する結果を生みます。

 

自分と同質の仲間のなかで
「間違ってないよね」と確認しても
そこに本当の答えは見つからないでしょう。

あなたの見識を格段に広げる効果があるのは
あなたが普段交流していない相手のはずです。

本当のことを聞き、本当に改善したいなら
コンフォートゾーンから出る勇気が必要です。

あなたはどちらを選択しますか?
ライフコーチも選択肢に加えることをおススメします。
単なる相談相手ではなく、人生視点からみたヒントが手に入りますよ。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。