【関連情報】大幅値下げ!別サイトで展開中の『テキスト&動画講座』がお求めやすく!詳しくはここをクリック!

あなたのココロの取り扱い説明書を探そう!

あなたのココロの取り扱い説明書を探そう!自信・セルフイメージ

朝起きた直後がわかりやすいと思います。
最初に感じる感情は何ですか?

「もう朝か~」「動きたくない」

まだそれほど寒い季節ではないので、「寒くて布団から出られない」という方は少数派だと思います。昨晩夜更かしして、睡眠不足から「もっと寝ていたい!」という方はいるとしても。

でも「イヤダ~」という感情は早い段階で変えてあげた方がいいですよ。
子どものころの「遠足の日」を思い出してみて下さい。同じ朝なんです。

気分はある程度コントロールできるものなのです。ご機嫌とってみませんか?

あなたのココロの取り扱い説明書を探そう!

わき上がってくるものが伝えるメッセージとは

あなたのココロの取り扱い説明書を探そう!

感情というか、こころの内面から「わき上がってくるもの」はいったい何だろうと思ったことないですか?

何かを考えているとき、ふと浮かんでくるものもそうです。「私」が考えていたのに、その連続性の中に突然割り込むように現れます。テレビでドラマを見ていたら、突然の緊急ニュースに割り込まれる感じに似ていますね。

それが何なのかはここでは追求しません。潜在意識には間違いないだろうし、ハイヤーセルフなどの表現を好まれる人もいます。要は自分と深く濃い関係にあって、今考えている「自分」でない大きな『じぶん』ということですね。

でもその内容には注目した方がいい。起きていることに意味があるとしたら、その意味を考えてみて下さい。心の内面だって例外ではありません。

もし通信だとしたら、どんなメッセージを伝えようとしているのでしょう?

 

ココロと向き合うという意味は責めることではない

ここで悪いクセを発揮する人がいます。

朝から気分が落ち込む感じがする
⇒「自分が悪いんだ。やることやってないから・・」

重たい感情を感じたこと、思い当たるフシがあること。
この2つが事実だとしても、勝手に結び付けて、あなたを朝から責める必要はないはずです。

昨日のうちにできなくて積み残していたものがあっても、昨日は昨日でできるだけのことをした。ちょっと疲れて寄り道もしたけれど、回復させたり気分転換するために必要だったのだから・・。

あなたの味方は、究極的にはあなた自身しかいないのに。
その味方が歯をむき出して「ウ~」と威嚇しているような。

もちろん、バランス感覚は必要です。全てに言い訳をして、自分の本来の責任を回避することもできます。でもバランスを欠いているときには、たいていは自覚があるものです。でなければその後に気持ちが落ち込むなんてことは起きません。

「必要以上に自分を責めていないか」はチェックしてみて下さい。

 

自分自身がいちばん厳しい目を持っている

あなたのココロの取り扱い説明書を探そう!

おとなしい性格の方でも(だからこそというべきかも)、自分を見る目は冷酷だったりします。
「どうしてこんなこともできないの?」
「何回やったら満足できる状態になるの?」

こうやって自分に向けてきた非難の言葉。

文字にしていくと、気が付くことはないですか?
自分で考え出したというより、どこかで聞いたことのあるセリフだったりしませんか?

家族の誰かからかもしれません。友人からだったかも。

いずれにしても、そんな冷たい糾弾を受けながらでも、あなたはなんとか進もうとしているのです。もっとほめてあげてもいいくらい。結果なんて時間がたたない限りわからないのですから、「よくやっているよ」という声かけをしてもバチは当たりません。

 

一歩引いてみてあげよう

例えば、自転車を初めて練習している様子を思い出してみて下さい。ヨロヨロしているけれど、なんとかやりこなそうとしています。本人は必死です。でも周囲はハラハラしながらも見守っています。

今のあなたにもそういう目が注がれていると想像してみて下さい。うまくいかないことを責めたら、やる気を失って自転車を降りてしまうのが普通の反応。あなたはそれでも乗ろうと努力を続ける頑張り屋さんなのです。

愛情深い目で見守ることができると思うのですが。

自分で自分を責めることを抑えることができたら、自分をちょっとだけ楽しませてあげて下さい。わずか数分のコーヒーブレークを「自分に優しい声をかける」ことに費やしてもいい。

これも自分との対話なんです。瞑想だけじゃありません。

誰かからお決まりの敵意を向けられなくなり、親身な言葉をかけてくれるならホッとするはずです。それを自分にもしてあげたらいかがでしょうか。

あなたの内面に起きた変化が、やがて外面にも現れてくるという「おまけ」までついてくるとしたら、それでも気分の悪いままでいますか?

良い気分で週末を迎えられますように!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。