【関連情報】大幅値下げ!別サイトで展開中の『テキスト&動画講座』がお求めやすく!詳しくはここをクリック!

ずっと社長のあなたを悩ませ続ける問題 ~従業員とどう関わるか?~

ずっと社長のあなたを悩ませ続ける問題 ~従業員とどう関わるか?~従業員

経営者のあなたが従業員の問題と
縁が切れることは・・

おそらくないでしょう。
そう思うとがっかりですか?

ただし、あなたの事業が順調なら
従業員に関わる問題の質は変化していきます。

 

ずっと社長のあなたを悩ませ続ける問題 ~従業員とどう関わるか?~

「従業員の意識が低くて、どう教育するか見当がつかない」
「優秀な社員が採用できない」
「従業員が長続きしない」

こういう問題がなんとかメドが立っても
別の種類の問題に直面するようになるかもしれません。

「どうやったら個性の違う従業員を
組み合わせてチームをつくれるか」
「マネジメントを理解する社員を増やしたい」
「自分の気持ちを
本当に理解する社員はいないものか」・・等々

終わりはないのかもしれません。

 

雇用の問題が繰り返し起こる場合

雇用の問題が繰り返し起こる場合

同じタイプの問題が何度も起きるなら
「問題の本質が改善されずに放置されている」

これは想像つくと思います。

もちろん、その社員自身に原因があることも。
しかし社風などの「会社の文化」のせいかもしれない。

 

その社風には、社長であるあなたの考え方が
色濃く反映しています。

もしあなたが、いつも自分の問題ではなくて
社員の個人的な問題として考えるようであれば・・

問題の本質を見誤る可能性があります。

 

社員は冷静な目で見ている

社員のご機嫌をとっても解決になりません。

退職の意思を伝えてきた社員を社内接待したところで
辞めようと考えた根本原因にアクセスしないと

数カ月程度の引き延ばしが精一杯ではないでしょうか。

 

こうした行動を他の社員は冷静にみています。

社員が見ているのは
経営者としての覚悟や品格です。

社員自身は明確に理解できていないかも
しれませんが、かなり鋭敏に
感じ取っていることがあります。

 

そうした状況から
経営者ご自身が学ぶテーマがあるとしたら
いったい何でしょうか。

乗り越えるべきテーマが浮かんでくるなら

それを乗り越えるまでは
試練は繰り返し起こると考えたほうが良いと思います。

 

経営者こそ一番多く学ぶ必要がある

経営者こそ一番多く学ぶ必要がある

事業を引っ張る覚悟をしたあなただからこそ

1人の個人として期待される成長幅は
一般の社員とは比較にならないほど大きくなります。

だからこそ、他人のせいにしてはいけないのです。

 

経営者ですから、社内での地位は頂点にあります。

ですが人間的にトップであることが
保証されているわけではないのです。

加えてその立場の罠である「傲慢さ」が邪魔をします。

 

こうした負荷を自らに与えてまで
経営者のポジションに立ったわけですから

学びを十分に達成できたら
この人生でどれほどの成長を手にするのでしょう。

そう考えたらワクワクしてきませんか?
あなたは自らその道を選択したのですから。