【関連情報】大幅値下げ!別サイトで展開中の『テキスト&動画講座』がお求めやすく!詳しくはここをクリック!

変化を受け入れることができますか?経営者の判断に必要な柔軟さとは

変化を受け入れることができますか?経営者の判断に必要な柔軟さとは経営・資金

かつて会計事務所で経験したある起業家の
顛末をお話したいと思います。

自分でも戒めにしている内容です。

 

念願の独立

私が担当していたある社長さんは
代理店ビジネスをされていました。

その業界でも誰もが知るような有名な会社で
早々に実績をあげアッという間に
管理職に昇進されていたそうです。

部下も大勢いて、自分の座席から新聞を
読んでるフリをして
開けた穴から様子を見ていた・・

これは本人が笑いながら話してくれた
昔の仕事の様子でした。

 

バブル時代はとっくに終わっていましたが
その会社は破竹の勢いでした。

CMも良く出ていましたね。

彼は自信をもって自分の会社を
設立したのでした。

 

出会いがビジネスを急拡大させた

出会いがビジネスを急拡大させた

同業での創業ですから、人脈や販路も
そのまま生かせたに違いありません。

代理店ビジネスはあくまで仲介ですから
もとの会社とのパイプを切る必要は
ないわけです。

 

あるとき営業先の上場会社で、若い担当者と
出会いました。

持ち前の営業力を発揮してというよりは
そのビジネスに不慣れだった若者を指導する
ような形で付き合いが始まったそうです。

徐々に取引量は拡大し、毎週のように
新規契約が決まるなど、蜜月の時代が
続きました。

それに伴い売上は急拡大。

仕事は忙しくなりましたが、アルバイトを
雇うこともでき増収増益を達成。

自信を深めて役員報酬を大幅に上げて
いきました。

私が担当になったのはその頃でした。

 

順調に業績を拡大

指導していた担当者も実力をあげ
社内でもそれなりの地位に
昇格していたのかもしれません。

彼の提案はことごとく社内の稟議を通り
この社長への仕事の依頼は
切れることなく続きました。

やがて受注の半分どころか
8割近くを占めるに至ります。

1件十数万~数十万の案件を一つずつ
仕上げる一般の案件と

数十万規模の案件が何件も連続して
依頼される上場会社の案件。

経営上、合理的な判断ともいえます。

 

未来の選択

未来の選択

そんなとき、事件が起こりました。

大得意先となっていた
その上場会社で組織変更がありました。

広告業務をその会社1社だけに
外注している状況が問題視されたのです。

最終的に通告されたのは
A)大手の競合他社との競争
B)2~3割もの大幅な値下げ
の2択でした。

社長は悩んだ結果、B案を選択し
利幅を下げてでも受注維持を図ったのです。

利益が大幅に圧縮され、余裕がなくなる・・
と私は指摘しました。

「今のペースなら確かに利益は残るけれど
わずかな減少で会社が傾く可能性がある」

彼の結論は変わりませんでした。

 

激変する環境

背に腹は代えられずという状況だったのかも
しれません。

実は代理店ビジネスにも技術革新の波が
寄せていました。

手書きの書類とFAXでよかった入稿が
デジタル化されていました。

すべてパソコンでの処理を
余儀なくされるようになったのです。

 

社長・従業員は新技術に対応できず
やむなく新たなスタッフを雇用しました。

もともと利幅が限界だったわけですから
赤字に転落するのに時間はかかりません
でした。

 

数年後、社長はその事業を
たたむことになりました。

夫婦関係にも大きな変化が生じたとは
後に聞いた話ですが。

個人資産もかなり投入していたので
何もかも失ったと感じておられた
かもしれません。

 

何が必要だったのか

自分の会社なのだから
状況が変われば柔軟に対応すればいい・・

でもこれは、外野にいたからいえること。

 

当事者には難しい判断だったかもしれません。

必ずしも論理で人は動かない
このことは行動心理学が明らかにしています。

彼の判断は冷静な分析だったのか。

新しい競争を避けようとする恐怖が下した
結論だったのか。

私が深く心に刻んだのは次のことです。

「自ら変化し続ける覚悟がなければ
  ビジネスを続けることができない」

 

令和の時代、環境はさらに変わるでしょう。

あなたのビジネスは硬直化していませんか?

冷静な判断は
さらに難しくなるかもしれません。

自己の内面との対話を習慣化することは
その助けになるはずです。