【関連情報】大幅値下げ!別サイトで展開中の『テキスト&動画講座』がお求めやすく!詳しくはここをクリック!

金融機関を組み合わせて使う

金融機関を組み合わせて使う経営・資金

必要な資金量は、業種によっても規模によっても異なります。
また企業が決済に使えるお金と、将来に備えて蓄積するお金は分けて考える必要があります。
蓄積する資金量が多すぎては、決済資金が足りなくなり、新たな融資を受けないとその月は回らないことになります。

銀行側も忙しい資金繰りは敬遠します。つまり予測のつかないやり方をしていれば、信頼性が下がるのです。
一定額を長期借入で確保し、それ以外を短期借入で微調整する必要があります。
銀行側から「資金繰り表」の作成を求めてくることがありますが、支店内部での説明や本店への説明に必要であるからにほかなりません。

仮に依頼がなかったとしても、銀行担当者が入手した試算表から代わりに作成して議論の俎上に載せることは実際よくあることのようです。
そこには経営者や経理担当者が忙しかったり、数字にさほど強くなかったりすることがあるという現実があります。

 

複数の金融機関を利用するメリット

複数の金融機関を利用するメリット

銀行では独自に査定します。ですので同じ条件を提示しても、融資OKとなるケースとそうでないケースもでてきます。
となると、できるだけ有利な条件を提示してもらいたいのが人情というものです。

もちろん銀行側の事情もあります。銀行側の体力差もあるし、リスクの考え方や支店としての融資残高競争を見越しての戦略も影響します。
たまたま戦略商品をリリースしたばかりなら、その売り上げは本店からのノルマともなるので、融資条件がゆるくなることもあるようです。

そうすると、銀行を一行にしぼらず、複数行とつきあうメリットが出てきます。そうです、彼らに競争してもらうのです。
メインバンクとしてのポジションを欲しいばかりに、いろいろ有利な条件を提示することもあるのです。

 

毛並みのちがう金融機関

毛並みのちがう金融機関

国の資金が入った政府系金融機関では、一般の銀行と発想自体が異なる場合もあります。

一般銀行は、「運転資金」の融資を要請しても今までと何が違うかを考えて、慎重になることがあります。
そうすると、大きな金額を借りることは難しくなります。ビジネススタイルが変わらないのに、そんなに大きな資金量の変化があったらおかしいですよね。
「設備投資」のための資金ならOKでも、運転資金はNGとなることは珍しくありません。

ところが、政府系金融機関では優良な企業の存在基盤を強固にするため・・というお題目を掲げて目先の利益を重視しない場合もあります。
もちろん一定の審査も必要であり、支店間競争もありますが、こちらは「長期運転資金」を貸してくれるのです。一般の銀行では考えられないカテゴリーと言えるかもしれません。

 

ベストミックスを目指す

ベストミックスを目指す

一見よさそうな政府系金融機関ですが、あまりに異質であるために、ここの資金が入ることを一般の銀行が警戒したりすることもあります。
自分たちから借りられないので、そちらから借りたのではないかと考えるわけです。

ですので、資金調達はかなり難しい面があるといえます。ましてや担当者や支店長は定期的に変わりますから、ふだんからどう付き合っていくかよく考えておく必要がありますね。

もちろん、企業の規模や業種によっても状況は異なります。
あくまで私が経験した事例ということをお忘れなく。