【関連情報】大幅値下げ!別サイトで展開中の『テキスト&動画講座』がお求めやすく!詳しくはここをクリック!

独立で迷ったときは自己表現から始めよう

独立で迷ったときは自己表現から始めよう起業・アントレプレナー

独立しようとするときには、その提供するものについて悩むのではないでしょうか。
どんなモノを取り扱うか、どんなサービスを提供するか・・。

ハッキリした目標があって準備してきた方は
その点で迷いがありません。

今の職場が学びの場であれば、準備ができたら羽ばたいていくはずです。

 

従業員からの起業

しかし、現在の職場に不満があり、転職するか起業するか考えている場合
こうした迷いが出てくるでしょう。

『自分には何ができるのか』

『自分にしかできないことは何だろう』

私もかつてそうでした。
この問いに答えが見つからないからこそ転職したわけです。

「何かできる気がする。でもこれといって見つからない」
「まずは転職してお金を稼ぎながら考えよう・・」

今でこそ何年も遠回りしたように感じていますが
それはそれで仕方がない面もありました。

 

経験の中にヒントがあるとは限らない

例えば税務や経理に長年関わっていた私のように
全然異なる業種への参戦というケースもあります。

・飽きるほどやったから
・給料が上がらないから
・AIなど「技術革新」が明らかで将来性がないから

こうした不満や将来への不安から起業を考えるときには
今までの経験の延長上にほしい答えは見つからない可能性が高いのです。

ではどうしたらいいのか。
何から始めたらいいのか。

 

伝える力が必要

あなたがどんな業種を目指しているにしても
社長となったあなたに必要なのは、「お客様」です。

知り合いを頼るにせよ、ネットで幅広くアピールするにせよ
あなた自身がプレゼンする必要があることには変わりません。

セールスパーソンとなる人物を雇用したとしても
事業の内容を熱く語り、やる気にさせるのは社長の役割ですから。

となると、社長に必要な特性は・・。

 

『伝える力』ということになります。

 

自己発信を始めてみる

今従業員の立場であっても
何かしら発信することは不可能ではありません。

発信することで『伝える力』は格段に向上します。

 

しかも今これをお読みいただいているように
あなたも情報発信をすることが可能です。

無料のブログサービスも多数存在します。
難しい技術をクリアしないと使えないかといえば
そういうものではないのです。

確かに一定のハードルはありますが
たいていの方が乗り越えられる性質のもの。
きっとあなたにだって可能です。

 

自分を表現してファンをつくること

SNSとブログのように、似ているけれど性質の違うものもあります。

しかし、どちらでも構わないのです。
伝える力の養成という観点では。

 

どちらにしても、あなたのファンなら
起業したという報告をすれば興味を持って読まれるでしょう。

あなたに共鳴するということは
あなたに似た人に強く響くということです。

 

あなたが提供したいお客様はどんな方でしょう。
お金さえ持ってくればどうでもいい・・わけではないですよね。

こんな人に使ってほしいというイメージをお持ちのはずです。

そのイメージ像は、価値観などの重要なポイントが
あなたと重なっています。自身の投影なのです。

 

情報発信をはじめよう

起業準備段階だとしても構いません。
方向に迷っていても差し支えないのです。

その時その時のあなたの思考をブログに載せるだけで

・あなたは思考の整理がつく
・お客様はあなたを知り、情報を受け取る

ことになります。

それをどう活用するかは相手の問題。
試行錯誤しているあなたの姿さえ、真摯な表現であればヒントになります。
心を打つこともあるでしょうね。

あなた=ファンという形で認知の対象者が拡大していきます。
潜在顧客を発掘していることになるわけです。

発信しているうちに見えてくるものもありますよ。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。