行動量の不足をなげく前に!足りないのは「自分への癒し」かもしれない

行動量の不足をなげく前に!足りないのは「自分への癒し」かもしれない★心を元気に

「なかなか動けなくてね」
「わかってはいるんだけど」

新しいことを始めようと思うとき
ハードルがとても高く感じませんか?

もしかしたら
心の余裕がないのかもしれません。

あなたに不足しているのは
行動量ではないのかもしれませんよ。

 

行動量の不足をなげく前に!足りないのは「自分への癒し」かもしれない

アクセルとブレーキを同時に踏んでいませんか?

安心安全の場コンフォートゾーン

自分の慣れ親しんだ環境は、もっとも安心
できる場所でもあります。

安心できているわけですから
未知の領域にわざわざ
手を出すことはありません。

この領域を「コンフォートゾーン」
呼ぶことがあります。

イメージとしては安全地帯ですね。
「安心していられる場所」のことです。

コンフォートゾーンの外には出にくい

しかし、世界は常に変化しています。

確かに安全を感じた場所が
いまや危険な場所に変わっていることも。

「今のままでは危ない・・」という
シグナルがあっても

「いままで大丈夫だったのだから」
ハッキリするまでは動きたくない
という気持ちもある。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

だからどうしても
行動開始が遅れてしまうのです。

本人の気持ちで言えば
「変えたい」というアクセル
「今のままでもいい」というブレーキ

これが両方踏まれているのだから
現実が変わることはほぼありません。

 

経験の質・量が左右する人生の満足度

経験の質・量が左右する人生の満足度

新たなに起業・副業をしようとする場合にも
同じことが言えます。

今日動かなくても
別に生活に大きな変化は生じません。

「給料は先月と同じように入ってくるし
疲れているのだから元気なときに・・」

「長期休みのヒマな日がいいんじゃないか」

今の仕事が楽しくて、夢中で
時間を過ごしているならいいのですが。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

しかも、新しい分野での挑戦は何らかの
結果を生み出します。

初めから大成功することはまれですから
ほとんどはうまくいかない経験を
することになるでしょう。

いわゆる成功者だって同じ過程を経ています。

対策を考え、ちょっと修正してみて
新たなスキルを獲得しているわけです。

『犬も歩かなければ棒にだって当たらない』

 

そのまま立ち止まると余計に活力を失う

心の元気が奪われ続けば、新しいことを
やろうとするエネルギーが残っていない
ケースも考えられます。

気乗りのしない時間を長く過ごすことも
同様です。

躍動するイキイキとした経験を味わいたいと
思うのが本来の魂の性格なんですが。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

気が付けば、数カ月、年単位での停滞も
珍しくありません。

年をとるごとに体感する時間感覚は
どんどん短くなります。

数年間にも及ぶガマンに対しても
「長く自分を抑えてきたとは思えない」

放電し続けたバッテリーのようなものです。

動こうとしても、すでに低電力モードなので
本来のパフォーマンスには程遠くなっています。

 

もっと自分に癒しを!セルフヒーリングを試そう!

もっと自分をほめよう!セルフヒーリングを試そう!

こうしたときは
「新しく何かを変化を起こしたこと」
を評価しましょう。

最初の段階は特にですが
具体的な成果は必要ありません。

行動を起こしたこと、殻を破ったこと自体を
賞賛しましょう。

責任感が強いと自分にも厳しくなる

『自分をほめる』とは
何か変な気がするかもしれませんが

あなたのセルフイメージは
相当低下しているはずです。

あなたは自分をほめるよりも
自分を傷つける言葉を投げかけていませんか?

具体的な成果のない自分に
ツラく当たっていないでしょうか?

癒しを求めているのは自分だった!セルフヒーリングのすすめ!

あなたは自身の言葉で
自らを充電する必要があります。

それが自分自身を
「自らの言葉で癒す」ということです。

苦痛に耐えて頑張ってきた自分を
ねぎらい、感謝の言葉をかけてあげなくては。

ポッと体が温まる感触があったら
自分自身とつながっています。

自然に涙を流す人もいますね。

そのイメージを楽しんでみて下さい。

あなたはようやく
自分の本当の気持ちを受け止めたのです。

 

メルマガ購読はこちらをクリック


ps.

行動量を確保するには
無理のないやり方を考える必要があります。

習慣化すること、ルーティーンは優れた方法です。
特性を理解すれば大きな力になります。

おすすめの【関連記事】はこちら

おすすめの【まとめ記事】はこちら