【関連情報】大幅値下げ!別サイトで展開中の『テキスト&動画講座』がお求めやすく!詳しくはここをクリック!

歩かなければ棒にも当たらない

歩かなければ棒にも当たらない起業・アントレプレナー

新しいことを始めようと思う時、ハードルが
とても高く感じられることがあります。

例えばスマホを使い始めたときや、新しい
アプリを使い始めた時を思い出して下さい。

便利らしいけど、どうにも面倒だ
と思いませんでしたか。

でも使い続けているうちに目も慣れて
いつのまにかスムーズに使えている自分に
気が付きます。

 

最初のハードルが一番高い

安心安全の場コンフォートゾーン

自分の慣れ親しんだ環境は、もっとも安心
できる場所でもあります。

安心できているわけですから未知の領域に
わざわざ手を出すことはありません。

この領域をコンフォートゾーンと呼ぶことが
あります。

快適・安心なところにいて充足感を
感じている状態です。

コンフォートゾーンの外でないと体験できないものがある

しかし、世界は常に変化していることも
事実です。

昔に習った様々な事実だって、今では
大幅に変わっているものもあります。

「今の環境のままでは危ない・・」

このメッセージに必然性を感じないなら
コンフォートゾーンを抜けて新しい挑戦を
始めるのは難しいのかもしれませんね。

その意味で最初のハードルが一番高いと
表現することができるでしょう。

 

データをとるには経験するしかない

データをとるには経験するしかない

新たなに起業・副業をしようとする場合にも
同じことが言えます。

今日動かなくても別に生活に大きな変化は生じません。

「給料は先月と同じように入ってくるし
疲れているのだから元気な時に・・」

「GWのヒマな日がいいんじゃないか」

でも、その間あなたは気乗りのしない仕事を
続けなくてはなりません。

今の仕事が楽しくて、夢中で時間を
過ごしているのでもなければ。

しかも、新しい分野での挑戦は何らかの
結果を生み出します。

初めから大成功することはまれですから
ほとんどはうまくいかない経験を
することになるでしょう。

いわゆる成功者だって同じ過程を経ています。

対策を考え、ちょっと修正してみて
次のチャレンジをしていくことで
成功確率をあげているわけです。

犬も歩かなければ棒にだって当たらない

 

そのまま立ち止まると

心の元気が奪われ続けば、新しいことを
やろうとするエネルギーが残っていない
ケースも考えられます。

気乗りのしない時間を長く過ごすことも
同様です。

躍動するイキイキとした経験を味わいたいと
思うのが本来の魂の性格なんですが。

気が付けば、数カ月、年単位での停滞も
珍しくありません。

年をとるごとに体感する時間感覚は
どんどん短くなります。

数年間にも及ぶガマンに対しても
「長く自分を抑えてきたとは思えない」

自覚が持てないことは実際よくあります。

・子どものころの1年
・大人になって久しい今の1年

同じ長さに感じる人はいないのではないか
・・と思うのですが。

 

一歩踏み出す勇気をもった自分をほめよう

一歩踏み出す勇気をもった自分をほめよう

わずかなステップでも新しいことを始めた方

おめでとうございます!

・新しい本を買って読み始めた
・ノートに記録を付け始めた
・ネットでいろいろ調べてみた

必要な情報にどこでで会うことになるか
わかりません。

でも歩かなければ棒にも当たらないのです。

小さなステップでも、ゴールの方向を
誤らなければゴールに近づいています。

あとはコンパスの導きをチェックしながら
進むだけです。

コンパスの使い方がわからない時は
使い方を知っている人に学ぶのが早道です。

ライフコーチもその一人ではあります。