【関連情報】大幅値下げ!別サイトで展開中の『テキスト&動画講座』がお求めやすく!詳しくはここをクリック!

社長として提供するもののイメージを固める

社長として提供するもののイメージを固める起業・アントレプレナー

起業へ向けてイメージを固めていくと、
「自分に何ができるだろう」
こんな疑問に突き当たります。

今回は提供者としての立場から
お話していきます。

 

経営者として提供を考える

それを使うお客様のイメージが明確なら
物販でもサービスでも
あなたが提供するものが
具体的な形になってきます。

これを考えるのは経営者「社長」の仕事です。
・どんな人なら自分に関心をもってくれるだろう
・自分にはどれくらいの仕事量になるだろうか
・ずっと続けてできるだろうか
・金額はどのくらいにしようか

いろいろ考えるポイントはあります。
でもこれこそが「小さな起業家」である
あなたを育てることになるのです。

「提供者」の思考そのものです。

変更はあっても構わないので、できるだけ
詳細にイメージをつくってみましょう。

提供するモノ・サービスが明確な場合は
お客さんのイメージも明らかにすると
どう届けるかという方法まで変わってきます。

 

どんな人に届けるか

どんな人に届けるか

例えば水道の蛇口が壊れて
水が噴き出したらどうしますか?

どこが安いかではなく、どこなら真っ先に
来てくれるかを考えませんか?

ネットで探すか電話帳で探すかして、
あるいは新聞チラシなどを探し出して
まず電話するのではないですか。

緊急性が高いから、多少コストが
大手よりも高くても十分見合うサービスに
なるわけです。

相手もよほどのことがなければ
その価値を認めてくれます。

 

戦場を間違えないこと

事業を行うなら、必ず相手がいます。
モノなら購入者、サービスならそれを利用する人です。

彼らは何か問題を抱えていて、
解決策としてあなたの提供するものを
利用しているのです。

そのためにはあなたは
何かを提供できなければいけません。

・どんな人にも使ってもらえるもの
・低価格で負担をかけないもの
を考える必要はありません。

これらは大企業のように十分な資金力も
マンパワーもある組織が考えるべき戦略です。

私たちのような個人事業者・零細企業は、
特定のニーズを満たすサービスを
考えなくてはいけません。

決して大手と同じ土俵では勝負せず、
大手が手がけにくい小さな市場を
手がけることを考えます。

ニッチで構わないのです。

 

セルフイメージとの関連

セルフイメージとの関連

十分に価値があると確信があれば、
自ずとあなたのエネルギーは上昇します。

チラシでもHPでも、
あるいは電話での説明でも、
確信をもった言葉は相手の心を
大きく揺さぶるでしょう。

ニーズが一致すれば、
契約に至る可能性も上がります。

逆に、もしその価値に自信がもてないなら、
あなた自身の問題が影を落としています。

その商品やサービスに対して
・十分な価値がない
・価値があることを理解できていない
のであれば、提供することに対して
自信が持てなくて当たり前です。

価値がないものを高く売りつけよう
とするのは、道義上の問題だけでは
ないのです。

なによりセルフイメージを
引き下げてしまいます。
一時は売れるときがあっても
永続する事業にはなりえません。

 

ブラッシュアップを止めない

価格以上の価値を提供し続けること。
だからこそリピーターや紹介者が増えてくる。

そういうイメージをもって自分をみつめ、
どんな商品やサービスにするか何度も
検討してみることが必要です。

どんな人であったら喜んでくれるのか
・・と合わせて考えてみて下さい。

ここで生じる変化は悪いものではなく、
ブラッシュアップです。

昨日出した結論と異なる答えが浮かんだ
としても、遠慮なく変化を許しましょう。
自分にも提供するものにも。

あなたはまた1段ステップを
上がったことになります。