社長の最初の仕事とは?お客様と提供するもののイメージを固めること

社長の最初の仕事とは?お客様と提供するもののイメージを固めること★起業・スモールビジネス

起業へ向けてイメージを固めていくと、
「自分に何ができるだろう」
こんな疑問に突き当たります。

今回は提供者としての立場から
お話していきます。

 

スポンサーリンク

社長の最初の仕事とは?お客様と提供するもののイメージを固めること

どんな方がお客様になるのかを決める

お客様のイメージが明確なら
物販でもサービスでも

あなたが提供するものが
具体的な形になってきます。

マーケティング用語で
「ペルソナ」と呼ばれますが

この人物像が明確なほどよい
とされていて

商品やサービスはより具体的になり
印象が深くなります。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

起業段階で
最初にすべき仕事のひとつですね。

ここが明確になると派生して
様々な側面も明らかになっていきます。

・どれくらいの仕事量になるだろうか
・ずっと続けて提供できるだろうか
・金額はどのくらいにしようか
等々

いろいろ考えるポイントはありますが
いずれも「提供者」としての思考です。

でもこれこそが「小さな起業家」である
あなたを育てることになるのです。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

変更はあっても構わないので
できるだけ詳細に
イメージをつくってみましょう。

 

目指すのは局所戦での勝利!小さく戦うことから始めよう

どんな人に届けるか

例えば水道の蛇口が壊れて
水が噴き出したらどうしますか?

どこが安いかではなく
どの業者なら真っ先に
来てくれるかを考えませんか?

ネットで探すか電話帳で探すかして、
あるいは新聞チラシなどを探し出して
まずは電話するはずです。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

緊急性が高い場合には
多少高くても十分見合うサービスに
なるわけです。

経営資源に乏しい起業初期では
こうした仕事を狙っていくのが正解です。

資本力や実績のある大手と
値下げ競争になっては
まず勝ち目はありません。

広く提供するというよりも
提供できる内容・相手をしぼりこんで

『その内容なら負けない』

そんな状況を作り出す必要があります。

「弱者の戦略」は強者のものとは
異なる形を取らざるを得ないのです。
※ランチェスター戦略として知られています

 

戦場を間違えると危ない!ニッチな市場を探せ

事業を行うなら、必ず相手がいます。

そして事業とは
解決策として何かを提供することです。

そのためにはあなたは
「提供したらどうなるか」
を明確に伝える必要があります。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

ここでは
・どんな人にも使ってもらえるもの
・低価格で負担をかけないもの
を考える必要はありません。

こちらはランチェスター戦略でいうところの
「強者の戦略」で使われる手法だからですね。

赤字覚悟で一気にマーケットをとり
その後で値上げして利益を独占します。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

私たちのような個人事業者・零細企業は、
特定のニーズを満たすサービスを
考えなくてはいけません。

決して大手と同じ土俵では勝負せず、
大手が手がけにくい小さな市場を
手がけることを考えます。

ニッチで構わないのです。
むしろニッチな市場をどう探すかが
重要なポイントになります。

 

小さな勝利はセルフイメージを高めていく

セルフイメージとの関連

十分に価値があると確信があれば、
自ずとあなたのエネルギーは上昇します。

チラシでもHPでも、
あるいは電話での説明でも、

確信をもった言葉は相手の心を
大きく揺さぶるでしょう。

ニーズが一致すれば、
契約に至る可能性も上がります。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

逆に、もしその価値に自信がもてないなら、
早急にその原因を探る必要があります。

大手と比較するのは意味がありません。

品質の充実は目指すべきですが
別にトップ水準でなくても事業は成立します。

個性的なサービス・商品であれば
それを好む人がいるものです。

要はそういう人に
届けることができればいい。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

もし価値に疑問を感じているなら
そのままでの提供では危険です。

改善策を早急に考えて
まず価値を感じられるように
しなくてはなりません。

お客様への道義上の問題だけではなく
なにより事業としてのイメージを
引き下げてしまうからです。

一時は売れるときがあっても
永続する事業にはなりえません。

 

ブラッシュアップを止めない

逆に価格以上の価値を提供し続けると
リピーターや紹介者が増えてきます。

そういう状況をイメージしたとき

どんな商品やサービスになっているか
逆算してみることもヒントになります。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

どんな人であったら喜んでくれるのか
・・と合わせて考えてみて下さい。

結局のところ
・お客様のイメージ
・提供できる商品やサービスの品質

これらを考えては改良していく
ブラッシュアップが欠かせません。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

昨日出した結論とは
異なる答えが浮かんだとしても

遠慮なく変化を許しましょう。
自分にも提供するものにも。

あなたはまた1段ステップを
上がったことになります。

※この記事は2019年3月13日に
経営者向けサイトhttps://e-kamo.workで公開されたものです。
当サイトへの移行に伴い全面的に書き換えました。

メルマガ購読はこちらをクリック


ps.

社長であるなら鋭敏にアンテナを立てる必要があります。
その代表例が情報とコスト(お金)のこと。

こちらの記事も読んでみて下さい。

おすすめの【関連記事】はこちら

おすすめの【まとめ記事】はこちら