【関連情報】大幅値下げ!別サイトで展開中の『テキスト&動画講座』がお求めやすく!詳しくはここをクリック!

感情+イメージのスーパーパワー!自在に人生を動かす魔法のツール!

感情+イメージのスーパーパワー!自在に人生を動かす魔法のツール!セルフコントロール

感情とは抑えるべきもの
人前ではオープンにできないもの
と考えていませんか?

でも大きなエネルギーを生み出すエンジンなのです。
活用しない手はありませんよ。

感情+イメージのスーパーパワー!自在に人生を動かす魔法のツール!

感情を抑えるコントロール技術は必要

たしかに感情のままにふるまえば
取り返しのつかない失敗をするかもしれません。

以前電車で見た女の子は
まるで人格が豹変していました。

その落差は
社会生活に支障をきたすことが想像できるレベル。

>> 感情の大波をやり過ごせ!自分を失わないコントロール法を身に付けよう

感情の大波をやり過ごせ!自分を失わないコントロール法を身に付けよう
感情に精神をジャックされると、暴走した状態になります。怒りで失敗した経験をお持ちの方もいるかもしれません。不安や恐怖でも同じです。まともな行動どころではなくなります。時間がたって自らを取り戻した時には、失ったものの大きさに愕然とするのです。

 

ですので一定のコントロール法は
身に付けた方がいいと考えます。

とりわけ怒りの感情は周囲に恐怖を振りまき
人間関係を破壊しかねません。

>> 感情のコントロールから学んだこと/自分を知るための家族の役割

感情のコントロールから学んだこと/自分を知るための家族の役割
なかなか怒らないが、発火点に達するといつまでもくすぶり続ける・・これが私の怒りのクセでした。「瞬間湯沸かし器」みたいな怒り方とは真逆の表現をしてきました。父親としてはどうなんだろう。過度に家族を傷つけてはいなかっただろうか?こうして考え直してみるとけっこうひどい父親だったかもしれません。

私も周囲に迷惑をかけていたわけです。
危ないところだったと今では思っています。

アンガーマネジメントに限りませんが
感情をコントロールする技術は重要です。

対策1:冷静な自分の目を持つこと

感情が大きく動くときは
瞑想や内観の状態からは最も離れたところにあります。

しかし、普段から
自分を見つめる『じぶん』の視座
を意識していれば

「う~ん、かなり怒っているぞ」
「そこまでやったらやり過ぎだろう」

というように自動ブレーキが働きます。
心のあり方だって学習することができるのです。

対策2:その出来事の象徴する意味を考える

意味のないことは起きていません。

これが真実だとすると
あなたの感情を大きく動かした意味はなんでしょうか?
なぜそこまで大きく振り動かされたのでしょうか?

人生には秘められた目的があるといいます。
感情に任せて破壊的な結果を招く行動をすることが
その目的に沿うことなのか。

自問しているうちに冷静さを回復するはずです。

 

感情のパワー+イメージ力を有効に使うテクニック

嫌悪感は、時として非人間的な差別や暴力の原因に
なることがあります。

暴動や戦争の原因にもなりますね。

感情はイメージを生み
そのイメージが感情をさらに膨らませる

このスパイラルを正しく使えば
長年の停滞を打破する行動力を生み出すこともできます。

私の母の例です。

>> イメージは行動を生み出す。感情+イメージ活用で苦手を克服!

イメージは行動を生み出す。感情+イメージ活用で苦手を克服!
実家の母に渡したスマホは使われることなく放置されていました。やり方も教えましたが、上手に使えるようになったらね・・というばかり。でもある事件をきっかけに母の行動は変わりました。「このままいくと」というイメージを拒否し、スマホに挑戦するようになったのです。

面倒くさい、自分にはムリ・・という
後ろ向きの気持ちを一転させたのは
「こうなりたくない」という感情だったのです。

 

行動においては方向をむやみに変えないこと

せっかく行動力まで得たなら
その力を分散させるのはうまくありません。

目的地を変更するたびに
大きなロスが発生するからです。

頻繁に向きを変えたら進めない

隣の芝生は青く見えると表現されるように
ともすると目移りしがちですが

行動量が一方向に定まらないと
現実化が進んでいきません。

>> 学ぶプロを目指そう!たくさん学ぶこと/深く学ぶことを区別してる?

学ぶプロを目指そう!たくさん学ぶこと/深く学ぶことを区別してる?
人生は成長のためにあるとするなら、学ぶことはいいことに違いありません。次から次へと学ぼうとする姿勢は尊敬に値します。一方で不安感から行動しているケースもあります。単なるノウハウコレクターにならないためにはどうしたらいいのでしょうか。

学ぶことを例にとっていますが
行動全般にいえる話です。

その意味ではガマンが大事といえそうですが
イメージを繰り返すことで
感情に再度エネルギーが供給されます。

焦って自分を責めないバランス感覚

焦りは禁物ですね。
焦って自分を責めるようになると

ひたすら耐えることに
エネルギーを費やすことになるかもしれません。

袋小路に迷い込み何年もムダにしたり
気分の落ち込みに混乱したり。

>> もう限界!耐えるのはどこまで?助けを求めるラインの決め方

もう限界!耐えるのはどこまで?助けを求めるラインの決め方
パチン!ガマンの限界を超えると残るものは・・。ガマンするにも力が必要です。でもガマンし続けているとその力まで失うことになる。そんなとき外に助けを求めることは自分を助ける正しい方法です。しかし思い込みが邪魔をしてヘルプを求めることすらできない。必要な人ほど求めない傾向があります。

身体と同じように
心もメンテナンスが必要なことは明らかです。

自分との対話が道を開く

事態を望ましい方向に進めるには

耳に優しい言葉よりも
本当の自分との対話が近道になります。

なぜなら、あなたは自分の本音を
誰よりも詳しく知っているからです。

対話をうまく使うと
自分の声に混乱せずに
本来の「じぶん」の声に気付くことができます。

 

困ったときは
対話のプロ「ライフコーチ」にお任せ下さい。