小さな気づきから始めよう!自信があふれる自分になるための8つのヒント

まずは自信の回復を!セルフイメージを高めるために自分を見つめよう★心を元気に
スポンサーリンク

まずは自信の回復を!セルフイメージを高めるために自分を見つめよう

セルフイメージを高めるには2つのアプローチがあります。
・自信を高めること
・自信を失うものから離れること。

アクセルとブレーキの関係に似ています。

どちらに力を注いでも効果はありますが
片方に偏らないスタンスがおススメです。

ときには立ち止まって
ご自分のクセを確認してみるといいですよ。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

まずは心のアクセルを考えてみます。

当たり前のことですが
自信満々ならセルフイメージも高いわけです。

そうでないなら、得意分野を見つけて
自分に自信を感じることから始めましょう。

 

今までの経験から専門家を目指す

わかりやすいのは
「○○の専門家」という肩書です。

そのために資格をとることに
躍起になる方もいる。

医師になりたいなら
「医師免許」は確かに必須ですけどね。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

「役に立ちそうな気がする」程度の認識だと
お金と時間をムダにすることになります。

自信を得るなら、今までやってきた経験から
探す方が近道です。

専門性の見つけ方については
こちらの記事が具体的なヒントになります。

>> 自分だけの得意分野を見つけよう!自信を回復すれば人生の質が向上する

自分だけの得意分野を見つけよう!自信を回復すれば人生の質が向上する
自分のアイデンティティを確立させ、得意分野を明確にすることは、人生を豊かにします。自分が何者かを知るためにも、余計な寄り道をしない方がいい。あなたが専門性・得意なことを周囲に示すようになると、それに価値を求める人が集まるようになります。

 

自信をもつために資格を取ることよりも優先することとは

資格に関しては
網羅的に学ぶツールとしてはよい目標です。

でも民間資格である「認定資格」は
特にその使い手の力量による差が大きいのです。

力量とはバックボーンの力を指します。

地頭がよかったり、広範囲な知識を持っていれば
新しい分野の知識でも活用の道は広がります。

単なる趣味から脱して
起業を志す段階にまできても

実際に生き残るのは、かなりの至難の技です。
資格だけではムリというもの。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

私もビジネスをそうした過程で学びましたが
実践の場で役立ったのは
それまで仕事で身に付けたパソコン系のスキルでした。

ExcelやWordなどのオフィス製品は
今でもデータ分析をしたり
思考をまとめるのに欠かせません。

Google検索はそれこそ疑問点が浮かぶたびに
キーワードを工夫して調べています。

これらのツールにどれほど助けられたことか。

やはり信頼に値するのは
自分が長年使い込んできた技術なのです。

>> 得意なことを再発見?!時間を費やしてきたことがヒントになる!

得意なことを再発見?!時間を費やしてきたことがヒントになる!
あなたの得意技は何ですか?一般には大変でも、あなたなら自然にできることはないですか?得意なものを認識するとセルフイメージが上がります。あなたの人生のテーマとも関係するかもしれない。もし見つからないときは自分が時間をかけてきたことを思い出してみて下さい。

 

自信は謙虚と相反しない。自信は持っていい!

自信過剰でエラそうなやつはキライなんだ・・というあなたへ。

私もそういうタイプは得意ではありません。
そういう演出があなたと同じようにキライなのですよ😁

でも静かな自信というべきものが
存在するのはわかっています。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

仕事上、たくさんの社長さんにお会いしてきました。

表面上は穏やかで紳士そのものでも
バリバリの「やり手」だった人もいます。

逆に何を話してもご自分の自慢話になってしまう元気な社長は
従業員のいないところでは内省的な方でした。

内面と外見は別物なのです。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

つまり謙虚でも自信を持つことは可能なのです。
どう見せるかは別の問題ということですね。

結局はシンプルに考え、地道に実行に移し
行動を積み重ねたことが現実を変えていきます。

>> 自分の見方を整える!人生のカードの使いこなしはシンプルでいい!

自分の見方を整える!人生のカードの使いこなしはシンプルでいい!
「選択肢が多くて迷ってしまう。決めたはずなのに・・」行動ができないのは決断に間違いがないか気になってしまうせいかもしれません。でもどの選択も正解だったらどうしますか。どんな選択からもふさわしい経験という果実を受け取ることになります。

 

過去に貼ったラベルに縛られていないか?

誰にでも失敗の経験はあるものです。
その解釈が問題になることがあります。

数十年前のイヤな思い出を反映させて
「自分には向かない」と決めつけてはいませんか?

「それくらいの年齢なら仕方ないんじゃない?」
「あなただけじゃなくて、むしろ普通のことじゃない?」

もしその当事者が自分でないなら
きっとそう慰めの言葉をかけていたはずなのに。

自分にはなぜか罪悪感や劣等感の根源になっていて
現在でも影響力を持ち続けていることがあるのです。

そんなときにやるべきこととは・・。

>> 心のラベルをはがせ!自分に自信がないならセルフイメージを書き換えよう!

心のラベルをはがせ!自分に自信がないならセルフイメージを書き換えよう!
自信がない。これは若者だけでなく、広く大人にも蔓延している病気のようなもの。適切な処置があれば改善できますが、心に関わるだけに難しい面もあります。気がついた人はぜひ始めて下さい。自らの心を開くということを。

 

>> メルマガでさらに情報をゲット!

 

まずは自信を失うものから距離を!マイナスからゼロポイントを目指せ

まずは自信を失うものから距離を!マイナスからゼロポイントを目指せ

20代を中心とするアンケートで
日本人には自信を感じていない人が多い
という結果がありました。

他の年代でも大差ないと思いますが
もしそうであれば、延々と自信不足の状況が
受け継がれることになる。

これは結構な問題じゃないかな・・。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

自信を高めるには
「自信を失うものから離れること」が重要です。

アクセルとブレーキの関係で言えば
”ブレーキの外し方”も大事ということですね。

2つ目はブレーキアプローチがテーマです。

 

自分自身がいちばん厳しい目を持っている

自信を喪失させているのは
ご自分自身が張本人ではないでしょうか?

誰かにヒドイことを言われても
それを受け入れるか

「何をバカなことを」と笑うかは
実はあなた次第なのです。

失敗したときの原因分析をするのは
良いことなのですが

一番厳しい採点官という顔を
持っているのも「私の目」なのです。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

理想とあなたがいかに離れているか
声高に耳元で叫ぶのを聞かされるようなもの。

自信を失うほうがむしろ当然!
生真面目な人に多いのも仕方ないのかもしれませんね。

>> ストップ自分いじめ!あなたの心の取り扱い説明書を探そう!

ストップ自分いじめ!あなたの心の取り扱い説明書を探そう!
成長とは自分を責めることなのでしょうか?自責はセルフイメージを下げるのに効果的です。責めることが習慣になれば、気分がすぐれないのも当然です。思い当たることがいろいろあるので、責められても仕方がない?でも自分の味方になってもいい。気分をあげても悪いことはないですよ!

 

自信を失うプロセスの逆回転を目指そう!

確かにあなたに落ち度があったかもしれません。
しかし悩み続けるのは、かえって害の方が大きい。

新たに行動するわけでもなく
いつまでもイジイジとしているなら・・

その期間はずっと苦しいだけです。

気分は最悪のまま、現実面はほとんど変わらず
時間だけが過ぎていくのですから。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

簡単なテクニックで
スランプ脱出をしてみませんか?

心が元気になれば
新しい道も開ける余地が生まれます。

ポイントは方向にあります。
見ている方向を変えるだけで変化が生じるのです。

>> 自分に自信がない?スランプを脱出するための3つのテクニック!

自分に自信がない?スランプを脱出するための3つのテクニック!
自信を失い、浮上のキッカケをつかめなくて困っていませんか?そんな方のために簡単なヒントをご紹介します。真面目であればあるほど自分に厳しくなるのも当然かもしれない。そんなあなたにこそ、まず良いところに意識を向ける訓練が必要なのです。自分にも愛を向けましょう。

 

自分を守ろう!マイナスをゼロポイントへ

トラブルのたびになかなか復活できないクセの方は
結局のところ、「自分の価値」を
なかなか見つけられないことを示しています。

見つけることを邪魔する原因は
大きく3つほど考えられますが

その2つの原因は同じ対処法でOKなので
対処方法としては2種類ですね。

>> 自信のない人は自分の価値を見つけることから始めよう/自分ファーストのススメ

自信のない人は自分の価値を見つけることから始めよう/自分ファーストのススメ
自信不足はセルフイメージの低下原因そのものです。逆に健全な自信を手にすれば、自分だけでなく周囲にも好循環が生まれます。そのためにはまず安心安全な環境を整えて、自分の価値を見つけることを優先しましょう。自分を満たせば自信は自然に見つかります。

 

まずはマイナスをゼロの状態にすることが先決です。

心が元気になってきたら
「自分の価値」を考えてみて下さいね。

ゼロにまで戻せば
あとはやった分だけプラス幅が広がります。

「自分には価値がある」と
心から信じられるようになれば

簡単にはくじけないハートの持ち主になりますよ。

 

なかなかうまくいかない!失敗が続くときは

メンタル面では元気だと思うけど・・。

なかなか成果がでないときに
「自分をどこまで信じられるか」
は難しい問題です。

・あとわずかで達成するかもしれない
・見当違いの努力かもしれない

成功であれ失敗であれ
「そのとき」が来るまでは判断できません。

疑心暗鬼になるのも仕方ないですよね。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

「本気度が足りないんじゃないか」と
自分を責め始めると・・

せっかくゼロポイントまで回復した気持ちが
また後戻りを始めてしまうかも。

でもそんなもんだ・・と知っておけば
動揺しなくても済むのです。

大きくあなたが前進するときは

元に戻ろうとする慣性の力だって
なかなか強力なのですから。

そんなときのヒントは
こちらの記事にまとめてあります。

>> あなたが失敗し続ける理由?自分のイメージを見直して未来を変えよう

あなたが失敗し続ける理由?自分のイメージを見直して未来を変えよう
自信を失うとセルフイメージは低下していくばかりです。まずは心を元気にする必要があります。そのためにはクヨクヨ考えないこと、できることを探すこと。あなたは「何でもできる人」にならなくていいのです。自分自身の価値あるところを探すところから始めましょう。

 


メルマガ購読はこちらをクリック