自信を持つ!セルフイメージを高めるためのアクセルアプローチを理解しよう

自信を持つ!セルフイメージを高めるためのアクセルアプローチを理解しよう★心を元気に

セルフイメージを高めるには2つのアプローチがあります。
・自信を高めること
・自信を失うものから離れること。

アクセルとブレーキの関係に似ています。

どちらに力を注いでも効果はありますが
片方に偏らないスタンスがおススメです。

ときには立ち止まって
ご自分のクセを確認してみるといいですよ。

今回はアクセルの方を考えてみます。

自信を持つ!セルフイメージを高めるためのアクセルアプローチを理解しよう

当たり前のことですが
自信満々ならセルフイメージも高いわけです。

そうでないなら、得意分野を見つけて
自分に自信を感じることから始めましょう。

今までの経験から専門家を目指す

わかりやすいのは
「○○の専門家」という肩書です。

そのために資格をとることに
躍起になる方もいる。

医師になりたいなら
「医師免許」は確かに必須ですけどね。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

「役に立ちそうな気がする」程度の認識だと
お金と時間をムダにすることになります。

自信を得るなら、今までやってきた経験から
探す方が近道です。

専門性の見つけ方については
こちらの記事が具体的なヒントになります。

>> 自分だけの得意分野を見つけよう!自信を回復すれば人生の質が向上する

自分だけの得意分野を見つけよう!自信を回復すれば人生の質が向上する
自分のアイデンティティを確立させ、得意分野を明確にすることは、人生を豊かにします。自分が何者かを知るためにも、余計な寄り道をしない方がいい。あなたが専門性・得意なことを周囲に示すようになると、それに価値を求める人が集まるようになります。

 

自信をもつために資格を取ることよりも優先することとは

資格に関しては
網羅的に学ぶツールとしてはよい目標です。

でも民間資格である「認定資格」は
特にその使い手の力量による差が大きいのです。

力量とはバックボーンの力を指します。

地頭がよかったり、広範囲な知識を持っていれば
新しい分野の知識でも活用の道は広がります。

単なる趣味から脱して
起業を志す段階にまできても

実際に生き残るのは、かなりの至難の技です。
資格だけではムリというもの。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

私もビジネスをそうした過程で学びましたが
実践の場で役立ったのは
それまで仕事で身に付けたパソコン系のスキルでした。

ExcelやWordなどのオフィス製品は
今でもデータ分析をしたり
思考をまとめるのに欠かせません。

Google検索はそれこそ疑問点が浮かぶたびに
キーワードを工夫して調べています。

これらのツールにどれほど助けられたことか。

やはり信頼に値するのは
自分が長年使い込んできた技術なのです。

>> 得意なことを再発見?!時間を費やしてきたことがヒントになる!

得意なことを再発見?!時間を費やしてきたことがヒントになる!
あなたの得意技は何ですか?一般には大変でも、あなたなら自然にできることはないですか?得意なものを認識するとセルフイメージが上がります。あなたの人生のテーマとも関係するかもしれない。もし見つからないときは自分が時間をかけてきたことを思い出してみて下さい。

 

自信は謙虚と相反しない。自信は持っていい!

自信過剰でエラそうなやつはキライなんだ・・というあなたへ。

私もそういうタイプは得意ではありません。
そういう演出があなたと同じようにキライなのですよ😁

でも静かな自信というべきものが
存在するのはわかっています。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

仕事上、たくさんの社長さんにお会いしてきました。

表面上は穏やかで紳士そのものでも
バリバリの「やり手」だった人もいます。

逆に何を話してもご自分の自慢話になってしまう元気な社長は
従業員のいないところでは内省的な方でした。

内面と外見は別物なのです。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

つまり謙虚でも自信を持つことは可能なのです。
どう見せるかは別の問題ということですね。

結局はシンプルに考え、地道に実行に移し
行動を積み重ねたことが現実を変えていきます。

>> 自分の見方を整える!人生のカードの使いこなしはシンプルでいい!

自分の見方を整える!人生のカードの使いこなしはシンプルでいい!
「選択肢が多くて迷ってしまう。決めたはずなのに・・」行動ができないのは決断に間違いがないか気になってしまうせいかもしれません。でもどの選択も正解だったらどうしますか。どんな選択からもふさわしい経験という果実を受け取ることになります。

 


メルマガ購読はこちらをクリック
次回はブレーキアプローチについて考察します。