雑誌に掲載されました!「コロナ禍で探る私たちの働き方と生き方」

雑誌に掲載されました!「コロナ禍で探る私たちの働き方と生き方」お知らせ

雑誌に掲載されました!「コロナ禍で探る私たちの働き方と生き方」

ほぼ1年ぶりですが、同じ雑誌に掲載されています。

前回についてはこちらの記事に。
>> 「自分しか頼れないって本当ですか?」雑誌に初デビュー!

 

「近代中小企業」とはこんな雑誌です

「近代中小企業」2021年2月1日発行
発行:中小企業経営研究会
https://www.kinchu.jp

近代中小企業

働く人(管理職および従業員)を読者とした
会員向け月刊誌なんですね。

経営者と役員で読者の7割以上を占めます。
ちなみに店頭売りしていないので
出版社との年間購読(3万円弱/12号分)が基本のスタイル。

会社で購読すると社長室・役員室あたりに
置いてあるかもしれませんね。

この号の定価は2050円だそうです。

他にも有料の小冊子がつきます。

この号では
「売上を向上させるためのYouTube活用術」
(500円)が付属していました。

 

原稿を書いたのはこんなときでした

「継続するコロナ禍で探る私たちの働き方と生き方」

当初の執筆は10月下旬で
原稿を送ったのが同月25日前後でした。

レイアウト原稿は12月末にきて
大きな修正することなく校正を終えました。

10月末は感染者が全国でも1000人未満で
7~8月のピーク(第2波)の
半分程度に落ち着いたころ。

その後に感染者数がみるみる伸び始めて
12月末には新規感染者が4000人直前に達し
誰もが危機感を感じるように。

年明けにはさらに伸び
2回目の緊急事態宣言の発出に至ったのは
皆さんご存じの通りです。

先ほど1カ月延長が決まったようですね。
3月7日までですか。うーむ。

 

今回の内容は「新型コロナウイルス」との関わりとして

ビジネストレンド予測の特集として
コロナとの関わりについて書いています。

ブログで何度かふれていた内容だったのですが
いい機会だったのでまとめてみました。

ではお待たせしました。公開します!
全4ページです。

いかがでしょうか。
やはりお読みいただくのはドキドキしますね。

感想いただければうれしいです。
「お問合せ」から送って下されば、新たな力になります。

もしくはメルマガにご返信いただければ。
現在、日刊メルマガ更新中です。あなたもぜひ!

 

メルマガ購読はこちらをクリック

 

最後に・・ちょっと長いあとがき「あなたは後悔しませんか?」

私たちがやるべきことって
従来とあまり変わらないはずです。

感染症対策なのだから
まずは手洗い・うがいでしょう。

あとは個々の免疫力の差が大きい。
よく食べ、よく眠りましょう!

冬場だからビタミンCも追加してみましょうか (笑)

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

報道される数字は
よくわからないものが一人歩きしています。

感染者数で一喜一憂するのは
検査数が変動するので意味がありません。

検査数が半分になれば
陽性者数の期待値は半分でしょう?

そもそも陽性者数=感染者数なのか。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

比較して意味があるのは
それ以外を同じ条件にしたときだけです。

検査1000件あたりとかね。

サイエンスの分野に関わった人なら
条件をそろえる意味は誰でも知っています。

統計学ってそのための学問だったはず。
「統計的に意味がある(有意)かどうか」

なんでデータの専門家が出てこないのでしょうね?

私は医学も統計学も学んだことのない素人ですが
不思議で仕方ありません。

そのうち真実は
出てくるのだろうと思っていますが。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

世界がこんな様子だからといって
あなたがふさぎこむ必要はありません。

外出する必要がない仕組みがつくれるなら
今のうちに整えてしまえばいい。

もしかしたら今までが
壮大なムダをやっていただけかもしれないのです。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

私たちは例外なくいずれ死を迎えます。

コロナが原因かはわかりませんが

後悔したくないなら
「死を想え(メメント・モリ)」
という発想は重要です。

今までのどの時代よりも
「あなたはどう生きますか?」ということが
問われているのだと思います。

今だから自分と向き合いたいのであれば
このサイトがお役に立ちます。
⇒ トップページへ

残りの人生を自分を表現して他者に貢献したいなら
じぶん・オンラインへどうぞ。
私なりの方法を1つお示ししています。

お知らせ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ライフコーチ加茂康明