占いで人生は変わるのか?/依存とコーチ・コンサル・セラピストの関係

占いで人生は変わるのか?/依存とコーチ・コンサル・セラピストの関係★心を元気に

占いで人生は変わるのか?/依存とコーチ・コンサル・セラピストの関係

今回のテーマは『依存』です。

非常にやっかいでして、ライフコーチの私も
取り扱いに困ることがしばしば。

生きている間はずっと続くんだろうな。
それくらいの難物です。

コーチ、コンサル、セラピスト、カウンセラー・・。

こうした相談系サービスについては
受ける側も提供する側も気を付けるべき
ポイントがあります。

 

依存関係からみた「占い」というサービス

占いって
「暗示を受け入れやすいかどうか」
を測るのにピッタリなんです。

個人ごとの考え方・性格の差が
大きいですよね。

私はこれが
「依存に結びつきやすい性格傾向」
とほぼイコールだと考えています。

 

依存の影響が少ない例(テレビ等の占いコーナー)

このレベルの占い好きは非常に多いようです。
朝のテレビでも各局でコーナーがあります。

「今日ラッキーなのは・・○○座の方です!」
「今日残念なのは・・○○座の方!」

見たことあるでしょ?

視聴率にうるさいテレビ業界において
ずっと昔からあります。
無視できない人気があるわけですね。

しかもチャンネルを変えて
次々に見られるように
数分ずつずらしているらしい。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

でも内容はとってもライトなので
さほど視聴者に影響を与えるとは思いません。

気分が良くなる人がいれば
それはそれでいいのかなと思いますが。

メディアを通すことで
「弱いけれども広範囲に暗示を与えている」
というのは間違いないです。

 

依存の影響が大きい例(よく当たる評判の占い師)

一方で影響力が大きいのは
サービスとして成立している有料のもの。

統計学を駆使するタイプ、直観を使うタイプなど
いろいろあります。

マンツーマンで個室で・・というイメージ。
私はお金を払って正式に受けたことはないです。

論評する立場にないことは明らかですが
頻繁に利用する相談者には危惧を感じています。

「わざわざ強い暗示を受けようとしている」
行動のように思うからです。

「依存関係をつくりたい・頼りたい」という
心理傾向は明らかですよね。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

知り合いにも提供されている方がいますが
私は「ふーん」と聞く程度です。

それは基本的にこんな考え方をしているから。

・私の未来は常に変わる余地がある
・判断はその時点で行うのがベスト
(前もって気をもむ必要はない)

心に留めておくのは
「何か理由があってその言葉を聞かされている」
そう感じるときだけです。

こんな私でも神社に参拝したときに
気が向けばおみくじを引いたりもしますよ。

 

ショック!相談サービス提供者が依存を増やしている?!

ショック!相談サービス提供者が依存を増やしている?!

占い師は
「あなたには未来を予見する力がない」
「適切に対処するために情報を聞く必要がある」
と誘導暗示をしていくわけです。

利用者は自分の判断に困ると
「あの人に聞いてみよう」というタイプ。

自分の判断にいつまでも自信がもてない。

どんな参考情報があろうが
最終決断は誰がするか・・を忘れています。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

ライフコーチングやカウンセリングサービスにも
同じような側面があります。

悩みを抱えている相談者さんを前に

「私と関わると解決できます!」
と言っているようなものですから。

 

相談系サービスに「愛」はあるのか?

当初の段階で依存に近い状況があっても
お客様にとっては仕方のない面もあります。

自分では答えが見つからないので
探しにきたわけですからね。

「頼れる=信頼」ですから
「答え」を持っていそうな人に
引き寄せられていきます。

需要・供給がマッチしていて
問題解決に通じるヒントを得た実感があれば

・・そこで双方の関係は終了のはずです。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

しかし、いつまでも同種のサービスが続くなら
それは「貢献」と言えるのでしょうか。

一時の安心感を与えて麻痺させただけ?

もしそうなら、逆に解決から
遠ざけてしまったかもしれない。

リピーターになってもらうために
意図的に依存させたのなら罪が深いですし

何年も同じ内容だったとしたら
品質は十分だったのかと疑問に感じます。

 

考え方の説明がなければ相談の意味がない

お客様に生じている問題についての
背景の説明は必須だと思うのです。

・お客様自身の問題であること(他人は本質的に関与できない)
・自分が主体的に関わる必要がある(必要があるから生じる)

本人が変わるだけの情報量は当然必要です。
ただサービスの形態によっては提供が難しい。

次から次に相談者からの質問に答えていては
そんな時間は残らないからです。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

そもそも問題がおきたとき
当事者として立ち会うのは相談者本人。

もし重要な局面だと
占い師に事前に知らされていても

AかBか選ぶ判断の助けに
なるわけじゃないです。

どんな判断も最終的に下しているのは
ご自分ですもんね。結果についての責任も。

 

1回限りの相談サービスではそもそも不可能

こうした考え方をしていると
1回限りのお気軽な形態のサービスでは
限界があることがわかります。

未来がわかったところで
生き方・考え方の修正がなければ
早晩同じトラブルが起きる可能性もある。

ある程度の時間・回数を重ねないと
考え方の修正はできません。

まして生き方となれば・・。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

単発のセッションスタイルでは
その時々の質疑応答で使われてしまうので
回数を重ねても無理なのです。

やはりテーマを設定した
複数回のセッションシリーズでなければ
難しい。

 

前回はこうおっしゃっていましたが
今考えてみて何か感じるところありますか?

こんな質問は単発セッションでは不可能です。

 

教育要素がなければ真の解決にならない

教育要素がなければ真の解決にならない

私が提供しているブログサポートサービスでも
実は依存問題が起きていました。

IT系が苦手な方にブログ作成を
お手伝いしていたのですが
(半年間必要な技術を教えてました ※募集停止中)

ブログが完成しても
ランディングページが仕上がっても

自分の文章をかけずに
記事を投稿できない方が多いのです。

 

代行業サービスの結末とは

ブログ関連のお困りどころを
全面的に代行するのが特徴でした。

説明はもちろんさせていただくのですが
ご自分での操作にこだわる方は少数でした。

その結果、口頭で説明された商品・サービスを
私がランディングページとして形にしたり

過去の経験を聞いて
プロフィールページを作成したり。

本来であれば原稿の提出をお願いする場面でも
取材を重ねてWEBページに表現していました。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

しかし、その結果といえば・・。

器としてブログが完成し
あとは自分の記事を作るだけという段階になって
放棄されるケースを幾つも見てきました。

作業の代行を私がいくら重ねても
本人の技量が進歩したわけではありません。

説明にもかなりの時間を費やしましたが
結局操作しないので身に付かなかったようです。

 

怠惰・不安との戦いを超えるには

誰しも手間のかかることは避けたいものです。
わからないものに時間をかけるのも不安に感じます。

ですが、
「その手間を惜しんではいけない」
時期があるのも事実。

自分がある分野を習得しようとするときに
代わりにやってもらって身に付くわけがない。

自転車の練習するのに
上手な友だちの乗り方を見ていても
意味がありません。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

私が提供したこのサービスは
多くのお客様から感謝を受け取った
お気に入りのものでしたが

今ではセッションコースの受講者に
ほぼ限定しています。

モチベーションが高まらないのは
本当にやりたいことではないからであり

真の動機を探るには
それなりのテーマセッションが
欠かせないからです。

 

最後に:相談サービスが2極化されていく未来に必要な存在とは

相談サービスが2極化されていく未来に必要な存在とは

コロナ禍の影響もあって
副業が続々と解禁になっています。

収入が目減りしたら
何とかしたいと思うのは当然です。

しかし起業を選択した方は
「自分が何をやっているのか」
その本質を十分に考えていないかもしれない。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

提供者はお客様に喜んでもらうことはもちろん
「真の貢献」を果たすことができるでしょうか?
利用者はそのサービスを申し込むのに
ときとして痛みを伴う「真の覚悟」をお持ちでしょうか?

やはり双方ともに
生き方が問われると思うのです。

誰にでもわかる正解はありません。
たまたま目にした情報だって
何が正しいのかわからない。

コロナはそうしたものを
日々みせてくれる存在ではないでしょうか。

権威よりも過去の実績よりも
「あり方・存在そのもの」
相対的に重要になってきています。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

私はこの時代に求められるのは
「人間性が信頼できる教師像」のような気がします。

正解がないのだから
後になって誤りとされるかもしれない。

でも姿勢や考え方はどうか・・は
ふだんの様子から評価できます。

∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴

理想は、お客様自身が必要な判断が
できる存在であることを教え

次の段階の壁にぶつかったときには
再びヒントを与えられる存在ですね。

そしてお客様自身も誰かの教師であることを
教えてくれるような「師」です。

あなたの良い出会いをお祈りしています。

 

ps.

こうした視点を得られたのは
「人生全体」というスパンでも発想する
ライフコーチを学んだからかもしれません。

今までは表面的な情報提供だけで
あとは「自己責任」!というものばかり。
私もそれでいいと思っていました。

でもこれではお客様・提供者側の
双方を不幸にするばかりです。

相手を想うとはどういうことか・・
愛とはなにか・・

壮大なテーマですね。

 

メルマガ購読はこちらをクリック