【関連情報】大幅値下げ!別サイトで展開中の『テキスト&動画講座』がお求めやすく!詳しくはここをクリック!

起業・アントレプレナー

私自身は起業して長年の実績が
あるわけではありません。

長年の会計事務所や一般の会社での
勤務経験から浮かんだことを書いていますが

実際に試行錯誤していることも
いまだに多くあります。

その途上にいるという前提で
お読みいただければ幸いです。

経営者として長年のご経験がある方には
あたたかく読んでいただければと思います。

起業・アントレプレナー

持続化給付金の申請されましたか?

最大100万円もらえる持続化給付金は申請されましたか?なんとなく制度は聞いたけど・・という方に朗報です。詳しいマニュアル見なくても、制度が使えそうかどうか判断できるフローチャートを公開しています。いろいろな施策が設定されてわかりにくい補助金ですが、できるところからコツコツと。
起業・アントレプレナー

独立で迷ったときは自己表現から始めよう

起業しよう、独立しようと考えても迷うのは何を提供するかという問題。こんな大事なことを迷っている間は何もできないでしょうか。実はそんなことはないのです。情報発信を始めることで、あなたに関心を持つ人を増やすことができます。あなたの人間性が色濃く表現されるので、あなたに共感する方ばかりがしだいに集まってきます。
起業・アントレプレナー

個人起業で最初に手を付けるべきこと

ライフコーチを事業化してほぼ1年。最近の活動を通じてわかったことをシェアします。リソースが限られている個人事業では初期に何をするかが今後の命運を分けます。現実に数字が動き出すまでに時間がかかるものは、創業準備中から具体的なアクションを起こしておけば、待ち時間が少なくて済みます。
起業・アントレプレナー

「お金のプロ」会計事務所も高コスト体質だった

会計のプロ・経営のプロという印象のある会計業界。実は高コスト体質であり、従業員の給与水準は決して高くありません。上手に経営しているだろうし、優秀な社員・・というイメージがあっても、人件費を抑えざるを得ないのです。イメージと実態の差を知れば、経営者が相談すべき相手か判断する材料になるかもしれません。
起業・アントレプレナー

ビジネスパートナーの見つけ方

今回はビジネスパートナーの見つけ方です。起業を考えたり、実際に行動を始めると心細い気持ちになることがあります。・大丈夫なんだろうか・迷惑をかけないだろうか・時間のムダじゃないのか、等々。でも安易に安心感を求めてしまうと、かえって遠回りになる危険があります。そもそもあなたはふさわしい存在ですか?
起業・アントレプレナー

請求書をお客様に提示するのが怖いあなたへ

「数字に弱い」という言葉はセルフイメージと関係しています。本当は数字に弱いのではなく、その数字にまつわることがイヤというケースが少なくありません。請求書のフォーム自体は単純で小学生でも記入できます。ましてやPCや電卓も使えるのですから、つくれないわけじゃないんです。
起業・アントレプレナー

自信がなくて当たり前?

新しいことに挑戦しようとするときに自信満々という人は少ないでしょう。経験がないことに挑む時には、自信はないのが普通。経験を通じて学ぶからこそ、自信がつくころには大きく成長を遂げているわけです。憶病になるのも当然。ためらうのも当然と思えば、必要なのは今できる小さな一歩だけ。ゴールに確実に近づきます。
起業・アントレプレナー

大事な情報はここからやってくる

「情報戦を制すること」はビジネスの命運を分ける・・。発信する側としてはその通りなんですが、受信側の場合にはどうでしょうか。情報の多さは選別する側の力量の有無を問われることでもあります。情報の海におぼれそうなときに救いの手はわりと身近なところにあるかもしれません。
起業・アントレプレナー

歩かなければ棒にも当たらない

最初の一歩が怖いのは誰でも同じです。今日じゃなくてもいいや、今じゃなくてもいいやと思うのも、今の比較的安全な状況にとどまることが有利だとどこかで考えているからかもしれません。ですがこのコンフォートゾーンを抜けなければ、新しい経験をすることは難しいのです。
起業・アントレプレナー

今の環境でできること

起業や副業を目指すきっかけは、現状に不満だから?そうかもしれませんが、ライフコーチの見解としては今を見つめるほどにセルフイメージが小さくなる危険を指摘しておきたいと思います。今の環境で学ぶべきことを学び尽くしていますか?存在が十分大きくなれば、宇宙はふさわしい場所やステージを用意してくれるものです。
起業・アントレプレナー

社長として提供するもののイメージを固める

いよいよ社長としての本領を発揮する段階です。あなたが提供できるものを具体的にイメージします。そのためにはどんな人に届けるか、その人がどんなことに困っているかを想像する必要があります。あなたが提供するものに十分な価値があることに納得すると、自信や熱意も自然に生まれてきます。
起業・アントレプレナー

「起業なら情報」だけでは見えないもの

起業にはまず情報収集からと考える人も多いでしょう。知り合いの経営者を訪ねたり、ネットで役に立つ情報を探したり。決して間違いではないのですが、前提となる心構えはお持ちでしょうか。経営者にふさわしい金銭感覚に欠けていると無駄に時間を失う危険があります。あなたの人間性も無関係ではないのです。
起業・アントレプレナー

起業を試してみよう

起業と転職を比較すると、転職の方が想像がつきやすいかもしれません。しかし環境が悪くなったからといって安易に転職しても、似たような状況になることはよくあります。あなたの人生に登場してきた障害物は、自分を高めるための試練なのでしょうか。それともその場所では今後の成長はないことを示す導きなのでしょうか。