自己投資・成長

★ビジネス

人間への洞察力を鍛えよう!会社をつくるのも人、業績を左右するのも人!

なぜ社内に社長のほしい人物がいないのか?これにはシンプルな原因があります。社長ご自身が採用に関わったからです。誰よりも欲しがっている人物を逆に遠ざけてしまうパラドックスが存在します。社員のレベルを決めるリミッターは社長ご自身なのです。
★ビジネス

社長の情報戦略!コミュニケーションで信頼できる専門家を見つけよう

経営者は何を情報源にすべきでしょうか。従来から存在するメディアに加え、インターネットの発達もあって情報の渦に巻き込まれてしまいそうな世の中です。一つ一つ吟味している時間的余裕はないのが実情ではないでしょうか。あなたはどんな方針をお持ちですか?
★ビジネス

派手に見えるけれど実は繊細?!社長の性格とリーダーシップについて

社長という立場は複雑です。同時にいろいろな役目を負い、組織のステージによりその役目は変わります。最終的に責任を負うのはもちろんですが、あるときは前線に立ったり、逆に後方から命令を下す立場になることも。常にストレスにさらされ、孤独に耐える過酷なチャンレジャーです。
★ビジネス

人間性が経営を左右する

会社は社長の存在抜きには語れません。社長の内面性が会社に与える影響も大きいのです。社長の軽いひとことが従業員のルールとして長年機能し続けるほど、絶大な影響力があります。もしご自分の決断に自信がなく、安易に周囲に承認を求めていたらどうなるでしょうか。
★ビジネス

声の大きい社長とおだやかな社長

いかにも社長という姿を体現している方がいます。元気よく社交的で営業力が飛び抜けているというイメージです。一方でいつもおだやかな雰囲気を崩さない方もいます。もちろん立場上、どちらも芯の強さはお持ちのはずなんですが。この違いは単に性格の違いなのでしょうか。あなたはどちらに近いですか?
★ビジネス

社員を責めたくなったら

ちゃんとやってくれなくては困るんだ!」経営上の問題の解決策を考えるとき、まず浮かぶのは何でしょうか。因果関係がはっきりしていれば、特定のポイントに集中して改善していくのは当然です。でも特定の原因を確定させずに「あいつが役割を果たさないから」と考えるなら、指導は的を得ないものになることがあります。
★ビジネス

自分と会社と ~新年にあたって~

創業された方なら、ご自分の会社とご自身を重ね合わせることが多いと思います。ご自分の問題と全く別の話だとわかっていても、メンタルが影響されることはありませんか?正解がない問題なら、ご自身とは安全距離をとりましょう。そういうアプローチはあなたの器を大きくしてくれるかもしれません。
★ビジネス

ふさわしい人物を引き寄せるには

たいていの従業員には怖れがあります。その代表的なものは、職場を失うことにともなうお金の問題です。だからこそ、多少でない犠牲を払ってでも仕事を続けようとします。経営者であるあなたはそのような従業員に対してどういう態度でいますか?そのマインドは彼らの上に立つのにふさわしいですか?
★ビジネス

経営者が成長するとき

経営者であるあなたや直属の上司がその成長を認めれば、従業員のモチベーションは上がります。たとえ給与を引き上げなくても、そういう賞賛があれば彼らは感激するかもしれません。ですが、経営者のあなたをだれが本当にほめてくれるでしょうか。あなたのモチベーションはどうやったら高い水準を維持できるでしょうか。
★ビジネス

自己投資 モチベーションを維持する方法

様々なリスクを覚悟した起業。人によっては親から基盤を受け継いだ人もいるかもしれません。それでも今まで維持できていたのは、あなたの力量や努力に負うところも大きいはず。従業員を雇用して彼らの家族にまで有形無形の影響力を与える道を選択されたのなら、大きな責任を負うことを自らに課したことになります。