【関連情報】大幅値下げ!別サイトで展開中の『テキスト&動画講座』がお求めやすく!詳しくはここをクリック!

従業員

従業員

従業員の心のケアがますます重要に

コロナウイルスによる経済的な余波は大きく、経営のかじ取りはより困難になる可能性があります。ピンチのときでも従業員へのケアは十分に対策できるでしょうか。テレワークなど今までと異なる就業環境ばかりでなく、命の危険、将来への危惧など今まで感じなかったストレスと対峙する可能性もあります。
従業員

今だからこそ意見をくみ上げる

危機意識を共有するために今こそ社員の話を聞いてみては。自分と異なる視点で感じていることは、自分には新たな気づきになることもある。一方で重要感を与えられた社員はセルイメージを書き換えて力を発揮するようになるかもしれない。
従業員

若手社員とも話そう

組織の構造に慣れきってしまうと、生命線というべき情報の流れが停滞することがあります。社長が社内にもたらす影響力は、数少ない幹部社員しか受け取ることができず、組織内に伝言ゲームで広がるたびに不正確なコピーをもたらすからです。若手の育成にも影響します。組織の成長を目指すならご自分の影響力にご注意を。
従業員

変わるインターン制度

インターン制度の内容が変わるようです。制度の趣旨を考えれば、やはり人を育てることが中心にあります。採用の観点からは、必ずしも自社の利益にならないかもしれませんが、社会貢献という大きな視点を持てば・・。就活は大事ですが、長すぎては学生にも会社にも不利益をもたらします。経営者でなければできない貢献です。
従業員

新人たちがやってくる

4月まであと1月半ほどになりました。新社会人たちがあなたの会社の仲間に加わります。研修などの準備は完了していますか。受け入れる気持ちの準備のほうはいかがですか。誰しもが緊張する最初の1年。彼らの行動特性を知ることは有益です。それ以上に彼らに近い世代の社員の感性が重要です。経営者のオープンマインドが試されます。
従業員

人手不足問題 技能実習生で考えたこと

人が足りない!中小企業ではネームバリューもなく、大企業と同じラインで求人することははかない夢に思えるかもしれません。技能実習生の制度は、徐々に拡大される傾向にありますが、実習生を使う監理コストや社員負担も大きいということをご存知でしょうか。安易に外に求めるのではなく、内に目を向けてみてはいかがでしょう。
従業員

定年延長や嘱託契約をどうしていますか?高齢者雇用がもたらす影響

高齢者雇用の一環として、定年延長や定年後の嘱託契約があります。嘱託契約では、自社の社員で定年を迎えた社員に対する場合、他社を退職した方を当社にお呼びする場合とがあります。メリットも大きいですが、デメリットもあります。どう活用するかはあなたの判断にかかっています。経営者の覚悟が問われる局面です。
従業員

部下とのコミュニケーションを考える。危機のときに信頼できる部下とは?

組織運営にコミュニケーションは不可欠です。部下はあなたの意思を理解しているでしょうか。期待が裏切られたとき、あなたは愕然とするかもしれません。でも危機のときにこそ、こうしたことがよく起きます。あなたの部下は、あなたがピンチの時も支えてくれますか?
従業員

従業員への過度の期待。社長にとって意味するものとは何か?

従業員はいろいろ保護されています。特に法律的な面では労働基準法などを中心に彼らを守る方向に設定されていることはご存知でしょう。退職しても、再就職に向けて失業給付をはじめとしたセーフティネットが準備されています。 さて、経営者側の視点でみるとどうでしょうか。
従業員

社長からみた従業員との距離感 ~従わせるか教えるか~

あなたの時間を何倍も生み出すかもしれない従業員の雇用。でも事業の成長ステージにより、活躍する社員の特性は異なります。経営者は社員にどう接し、またどのように組み合わせるのでしょうか。
従業員

人がいるのに回らない?!黒字倒産と社員退職で共通するもの

黒字倒産を知っていますか?人員補充のときにも起きる問題と似た側面があるのです。ある(いる)のに使えない!どちらにも共通しているのは順調なときは意識しないが、トラブルと影響が大きいという点。大事なことはトラブらない状況をいかに作り出すかということです。
従業員

ずっと社長のあなたを悩ませ続ける問題 ~従業員とどう関わるか?~

社長のあなたは従業員に満足してしますか?それとも厄介ごとを次々と引き起こす厄介な存在でしょうか?もし同じような問題が繰り返し起きていることに気付いたら、あなたの成長のための大事なポイントを示しているかもしれません。社長が変われば分身たる会社の内容も変わります。