ひとに関わる問題

★社長の悩み

リモハラが象徴する上司像!リモート会議が格差を広げた能力とは?

リモートワーク下で起きるパワハラ・セクハラが新たな社会問題となっています。コロナウイルスが引き金になっただけで、そもそも問題のある人物が問題を起こしたに過ぎません。録画等の手段により糾弾は簡単なのですが、それよりも考えるべきことがありそうです。
★社長の悩み

トラブルの原因はあの社員?問題が頻発するときに起きていること

社員が引き起こす問題はその社員だけの課題なのでしょうか?特定の社員に集中しているなら把握はカンタンですが、実際には同時多発的に起きることがあります。社内の文化、雰囲気が弱いところから問題点を噴き出したにすぎないかもしれません。
★社長の悩み

ずっと社長のあなたを悩ませ続ける問題 ~従業員とどう関わるか?~

社長のあなたは従業員に満足してしますか?それとも厄介ごとを次々と引き起こす厄介な存在でしょうか?もし同じような問題が繰り返し起きていることに気付いたら、あなたの成長のための大事なポイントを示しているかもしれません。社長が変われば分身たる会社の内容も変わります。
★社長の悩み

忘年会やパーティに要注意!隠していた内面の怖れがあらわれる

今年もあと2カ月ほどになりました。忘年会など人と会う機会が増える方も多いでしょう。自然体でふるまうことができればいのですが、都合の悪いことは見せたくない気持ちが働くことも。内容は定かでなくても「何かかくしている」ことは、わりと察知されているようです。
★社長の悩み

今だからこそ意見をくみ上げる

危機意識を共有するために今こそ社員の話を聞いてみては。自分と異なる視点で感じていることは、自分には新たな気づきになることもある。一方で重要感を与えられた社員はセルイメージを書き換えて力を発揮するようになるかもしれない。
★社長の悩み

若手社員とも話そう

組織の構造に慣れきってしまうと、生命線というべき情報の流れが停滞することがあります。社長が社内にもたらす影響力は、数少ない幹部社員しか受け取ることができず、組織内に伝言ゲームで広がるたびに不正確なコピーをもたらすからです。若手の育成にも影響します。組織の成長を目指すならご自分の影響力にご注意を。
★社長の悩み

変わるインターン制度

インターン制度の内容が変わるようです。制度の趣旨を考えれば、やはり人を育てることが中心にあります。採用の観点からは、必ずしも自社の利益にならないかもしれませんが、社会貢献という大きな視点を持てば・・。就活は大事ですが、長すぎては学生にも会社にも不利益をもたらします。経営者でなければできない貢献です。
★社長の悩み

新人たちがやってくる

4月まであと1月半ほどになりました。新社会人たちがあなたの会社の仲間に加わります。研修などの準備は完了していますか。受け入れる気持ちの準備のほうはいかがですか。誰しもが緊張する最初の1年。彼らの行動特性を知ることは有益です。それ以上に彼らに近い世代の社員の感性が重要です。経営者のオープンマインドが試されます。
★社長の悩み

監督とリーダー 率いる2つの立場

スポーツ番組で解説をみていると、画面に映った試合展開だけでなく、いろいろな人が影響を及ぼしているのがわかります。得点をあげた選手ばかりでなく、誰がチャンスをつくるのに貢献したか。アグレッシブに攻め続ける雰囲気を作り上げたのは、監督だったのか、リーダーだったのか。組織論を考えるヒントがいっぱいです。
★社長の悩み

定年延長や嘱託契約をどうしていますか?高齢者雇用がもたらす影響

高齢者雇用の一環として、定年延長や定年後の嘱託契約があります。嘱託契約では、自社の社員で定年を迎えた社員に対する場合、他社を退職した方を当社にお呼びする場合とがあります。メリットも大きいですが、デメリットもあります。どう活用するかはあなたの判断にかかっています。経営者の覚悟が問われる局面です。