心を元気に

心を元気に★心を元気に

次の3つのトピックから、あなたの心を元気にするヒントを集めています。

ストレス

生きている以上、他人や環境のかかわりは必要で
自分の思い通りにはなりません。
ストレスを放置すれば心身への影響もあります。

ストレス・悩みが発生するのが避けられないなら
戦略をもって対処することを考えましょう。

「ストレスをどうしたらゼロに近づけるか」よりも
「どのようにストレスに対処するか」を考える方が賢明です。

セルフコントロール

ストレスに対してだけでなく、願望実現・目標達成には
セルフコントロールの技術は欠かせません。

気持ちの持ち方一つで「行動する/しない」は
大きく左右されます。

当然未来も変わってしまうことに。

だったら「こういう方法もあるよ」という事例を
知っておくとよいでしょう。

自信とセルフイメージ

「自分自身をどう認識しているか」は大きな意味を持ちます。
自信の有無はその典型例です。

赤ちゃんのころは自信がなかったでしょうか?
どんなに失敗しても歩けることを疑いませんでしたよね。

「自信がない人が多い」と言われていますが
どこでそんな生き方を学んでしまったのでしょうか?

★心を元気に

占いで人生は変わるのか?/依存とコーチ・コンサル・セラピストの関係

あなたは占い好きですか?暗示を受け取りやすい方は他人への依存傾向が強く、コーチやコンサルなどの相談系サービスは危険な面があります。信頼と依存は似て非なるものです。あなたの本心は依存したいですか?サービス提供者は依存へ誘導していませんか?
★心を元気に

学ぶプロを目指そう!インプットで留意すべきたった2つのポイントとは

人生は成長のためにあるとするなら、学ぶことはいいことに違いありません。次から次へと学ぼうとする姿勢は尊敬に値します。一方で不安感から行動しているケースもあります。単なるノウハウコレクターにならないためにはどうしたらいいのでしょうか。
★心を元気に

頑固さから心を自由に!心の仕組みを知ればやわらかい心は取り戻せる!

心の柔軟性を失ってくると、周囲からは頑固モノの烙印が押されるかも?!プライドがあるにしても、どこか苦しそう。本来年齢を問わない話ですが、心の仕組みを考えればこの手のトラップから脱出できます。心を老化させないために!
★心を元気に

願望実現までの過ごし方!願いはかなわないもの?思った通りにならないもの?

なかなかかなわない願い。棒ほど願っても針ぐらいという言葉もあるほど。ならば実現までの時間をどう過ごすのかというのは大切なテーマです。挫折が避けられないなら、どう対処するか事前に考えておけばいい。ヒントは私たちの誰もがすでに手にしています。
★心を元気に

行動量の不足をなげく前に!足りないのは「自分への癒し」かもしれない

最初の一歩が怖いのは誰でも同じです。現実が変わらないのを自分の行動不足が原因と考えると、うまくできない自分に焦点を当てることに。本当はすでに傷ついている自分を癒すのが先です。真の自分自身を回復すれば物事だって流れ始めます。
★心を元気に

うまくいかない?挫折をスプリングボードにして現実を変えよう!

挫折はできれば経験したくないものです。でも失敗自体は、生きている以上経験することが避けられません。もし状況は違うのに同じパターンの挫折が生じているとしたら、実はチャンス到来かもしれません。人生のテーマに関わる内容なら、マスターすれば人生が変わり始めます。
★心を元気に

あなたが失敗し続ける理由?自分のイメージを見直して未来を変えよう

自信を失うとセルフイメージは低下していくばかりです。まずは心を元気にする必要があります。そのためにはクヨクヨ考えないこと、できることを探すこと。あなたは「何でもできる人」にならなくていいのです。自分自身の価値あるところを探すところから始めましょう。
★心を元気に

「遊び」してますか?軽やかさが一生懸命よりも夢を叶えやすい理由とは

物事を成し遂げるには一生懸命取り組むことだと言われてきました。ただストレスに耐えるガマン比べになっていませんか?一流のアスリートは楽しみながら限界に向かっています。遊びを見つける、楽しいことを取り入れる気持ちがストレスに負けない結果につながります。
★心を元気に

まずは自信を失うものから距離を!マイナスからゼロポイントを目指せ

自信を失うものに関わり続ければ、やがてあなたのセルフイメージまで低下することになります。だから自分がもし落ち込んでいることを自覚したら、その原因から安全な距離をとりましょう。安心感は思考力を回復させます。まずはプラスマイナスゼロの状態を目指しましょう。
★心を元気に

自信を持つ!セルフイメージを高めるためのアクセルアプローチを理解しよう

セルフイメージが高ければ、多少の困難は気にせず進めるものです。それを生み出す根本は自信にあります。まず自信を強化するために自分を振り返りましょう。今までの経験の中で過小評価しているものはないでしょうか。事実をゆがめる度の過ぎた謙虚はむしろ害になります。