【関連情報】大幅値下げ!別サイトで展開中の『テキスト&動画講座』がお求めやすく!詳しくはここをクリック!

人間関係

人間関係は避けることができません。配偶者、家族、仕事、友人・・関係の濃淡はありますが、あなたの悩みはこういうところに原因があるかもしれません。

人間関係

あなたは何が得意ですか?

自分のアイデンティティを確立させ、得意分野を明確にすることは、ミスマッチを防ぐ効果があります。自分が何者かを知るためにも、寄り道をしない方が効果的です。ただしどんな場合でもバランスをとることが要求されます。ここが成長のポイントなのかもしれない。
人間関係

話す相手について今一度考える

ふさわしい聞き手はあなたに多大な恩恵をもたらします。話すことの重要性はわかっていても、そういう聞き手が身近に見つからないケースは多々あります。いわゆる「銀座のママ」が重宝される理由はここにあります。でも視点を変えれば見つけることもカンタンかもしれません。
人間関係

中学生・高校生とコミュニケーションする方法

コミュニケーションの秘訣を家族との時間から再認識する機会がありました。それは相手に関心を示すこと。相手の関心あることに関心を示すことです。世代が違っても、円滑な会話が生まれてきます。もしわからないことがあってもイヤな顔をせずに何度でも教えてくれたりもします。
人間関係

高校生の冒険 天は自ら助くる者を・・

「何とかして!」では依存ですが、自分でも動けば周囲も協力してくれます。高校生の息子が夏休みの最後の思い出に企画したレジャーは、割引チケットが手に入りませんでした。ピンチを救ったのは親でした。自分たちで情報収集し、問い合わせの電話をし、そのうえで相談したことが親を動かしたのです。
人間関係

怒りとの付き合い方/怒り続けた自分のクセ

なかなか怒らないが、発火点に達するといつまでもくすぶり続ける・・これが私の怒りのクセでした。「瞬間湯沸かし器」みたいな怒り方とは真逆の表現をしてきました。父親としてはどうなんだろう。過度に家族を傷つけてはいなかっただろうか?こうして考え直してみるとけっこうひどい父親だったかもしれません。
人間関係

無批判の受入れと素直さは違う

子どものころから繰り返し耳にしてきた考え方は、その人の信念の一部になることがあります。「間違っている!」と決めつける前に、その判定基準はどこからきたのでしょう。昔と今で正解が異なるケースはいくらでもあります。また無批判で受け入れることと素直であることは同じではないのです。
人間関係

問題はどちらが正しいかではない

目の前で2台の自転車が接触しそうな場面を目撃しました。自転車を止めてひどい剣幕でお互いに相手を非難しています。まるでドラマの一場面のよう。ケガがなくてよかったけど、そもそも危ないにのに突っ込んだ両方とも変じゃない?
人間関係

笑顔で世界に貢献することができる

あなたの気分は周囲に伝わります。気軽にできる貢献の一つが笑顔なのです。素晴らしいことに、これはあなたの意思しだいでいつでも表現することができ、しかも抜群の効果を生みます。
人間関係

誰かを激しく嫌うと自分を傷つける

誰かを激しく嫌う気持ちにはどういう意味があるのでしょう。人間ですから、好きがあれば嫌いもあるのは当然としても。自分の感情が揺れ動くには何かしら意味があるかもしれません。あなたが何かを手放すヒントがあるかもしれません。
人間関係

合わない上司・・うまくいく3つの視点

仕事を頼まれたけど、どうも上司と合わない・・こういうケースありませんか? 今回は苦手な上司とうまくやるための視点をお届けします。
人間関係

家族旅行 後編 ~父と息子の関係~

ギクシャクした関係も、きっかけがあれば改善できるかもしれません。過去を手放して相手の成長を認める姿勢がそうしたきっかけの一つになることもあります。また意図しない形でも現われることもあります。
人間関係

家族旅行 前編 ~家族の意味~

家族関係がもたらす影響力はきわめて強いと言われています。生まれながらに決まっている関係性に加え、後天的に発生した要素についても日常的に反復されるため、そのメッセージは無意識にも刷り込まれていくからです。我が家の3人の息子も環境は変わらないのに個性的な存在に育っています。
人間関係

人間関係で学んだこと 2

自分と他人とのかかわり方は、年齢とともに変わることもあります。30年ほどかけて学んだのは、いつでも成長できること、間違う権利だってあるということ。必ずしも他人を拒絶する必要はなかったのです。