【トップページ】を変更し記事をたくさん表示するようにしました!「ごあいさつ」のメッセージはココをクリック! >>

人間関係

人間関係は避けることができません。配偶者、家族、仕事、友人・・関係の濃淡はありますが、あなたの悩みはこういうところに原因があるかもしれません。

★人間を学ぶ

対話の相手をどう求めるか?聞き上手を探すためのとっておきの方法

ふさわしい聞き手はあなたに多大な恩恵をもたらします。話すことの重要性はわかっていても、そういう聞き手が身近に見つからないケースは多々あります。いわゆる「銀座のママ」が重宝される理由はここにあります。でも視点を変えれば見つけることもカンタンかもしれません。
★人間を学ぶ

人間関係が苦手?ストレスを軽減するためにうまく使いたいコツとは

人間関係から生まれるストレスに苦しむ人が大勢います。誰にとっても悩みのタネなのです。ガマンし続けると身を滅ぼす原因にもなりますし、かといって激しく嫌うのも控えたほうがいい。やはり適切な方法でアプローチを考えるしかないようです。
★人間を学ぶ

人間関係の原型パターンを探そう/影響を与えた考え方を内観で知る

人間関係には様々な人物が登場しますが、同じ脚本で演じられるドラマのように感じられることがありませんか?そのパターンを知れば対処の方法も考えられるはず。過去の印象的な人間関係を棚卸しすると、あなたに影響を与え続けた原因を発見できるかもしれません。
★人間を学ぶ

中学生・高校生とコミュニケーションする方法

コミュニケーションの秘訣を家族との時間から再認識する機会がありました。それは相手に関心を示すこと。相手の関心あることに関心を示すことです。世代が違っても、円滑な会話が生まれてきます。もしわからないことがあってもイヤな顔をせずに何度でも教えてくれたりもします。
★人間を学ぶ

無批判の受入れと素直さは違う

子どものころから繰り返し耳にしてきた考え方は、その人の信念の一部になることがあります。「間違っている!」と決めつける前に、その判定基準はどこからきたのでしょう。昔と今で正解が異なるケースはいくらでもあります。また無批判で受け入れることと素直であることは同じではないのです。
★人間を学ぶ

「自分が正しい=相手の否定」でいいの?学びの機会はこうして訪れる

朝の散歩での出来事。目の前で2台の自転車が接触しそうな場面を目撃しました。自転車を止めてひどい剣幕でお互いに相手を非難しています。まるでドラマの一場面のよう。ケガがなくてよかったけど、そもそも危ないにのに突っ込んだ両方とも変じゃない?
★人間を学ぶ

誰かを激しく嫌うと自分を傷つける

誰かを激しく嫌う気持ちにはどういう意味があるのでしょう。人間ですから、好きがあれば嫌いもあるのは当然としても。自分の感情が揺れ動くには何かしら意味があるかもしれません。あなたが何かを手放すヒントがあるかもしれません。
★人間を学ぶ

人間関係で学んだこと 2

自分と他人とのかかわり方は、年齢とともに変わることもあります。30年ほどかけて学んだのは、いつでも成長できること、間違う権利だってあるということ。必ずしも他人を拒絶する必要はなかったのです。
★人間を学ぶ

人間関係で学んだこと 1

学びとは何でしょうか。とりわけ人生をかけて学んだこととは何でしょう?私の場合には「他者とのかかわり」がその一つでした。子どもの頃の思考が大人になっても影響していたのです。