夢を叶える

夢を叶える★夢を叶える

あなたが夢を叶えるためには2つのアプローチがあります。

まずマインドセット(心構え)。同じ出来事であっても
捉え方しだいで意味は全く変わります。

もう一つは願望実現の方法論を学ぶことです。

マインドセット

衝撃が大きければ大きいほど
我を失いダメージを広げてしまいます。

こんなときは考え方の型・パターンを知っておくと
踏みとどまることもできるでしょう。

万が一感情の大波に飲み込まれても
復帰するまでの時間を短縮できるものです。

願望実現の方法

伝統的な方法論としては努力ですが、他にも方法はあります。
有名なところでは『引き寄せの法則』ですね。

心の向け方、感情の取り扱い、宇宙の法則・・

いろいろな表現はありますが、その根源にあるセオリーは
意外なほどシンプルなものかもしれません。

★夢を叶える

引き寄せを助けるマインドとは?ライフコーチも実践する4つのアプローチ!

望ましい現実を創るには行動が欠かせません。あなたこそが主役であり、どう考えどう動くかで状況は大きく変わります。現状に不満があるなら、まず望みを確定させましょう。あきらめるのもひとつの決断。だとしたら、別の決断で現実がどう変わるか見極めてみてもいいのでは。
★夢を叶える

未来への意識の向け方とは?「備える」「怖れる」で現実を変えよう

台風の被害を最小限に抑えるには「備え」が欠かせません。ライフコーチの視点からは、自分の未来にきちんと「備え」ている人は少数派のように見えます。いつかやらなきゃと思ってもそのまま放置していませんか。ガマンの限界までノープランなら、私のように毎回イチからやり直すことにもなります。
★夢を叶える

より多く話すことでより深く学ぶ!アウトプットしてますか?

一生懸命に学んでいるのに、自信が持てない。身に付いた気がしない。こういう場合は語ることが不足しているかもしれません。自分の言葉で話すことは理解度を飛躍的に高める手法の一つです。話すことで理解もリラックスの度合いも深まります。自分のために話すべきなのです。
★夢を叶える

あなたも夢を叶えられる!プレゼントから考える願望実現の仕組み

夢を叶えるにはコツがあります。あなたは自分の願いを具体的に説明できますか?今回はプレゼントという言葉からスピリチュアルな意味を見つけていきます。望みを叶えるために何をしなければならないかを説明しているのだとしたら、どんなメッセージを読み取りますか?
★夢を叶える

ボーナスのピンチ?これは自分の人生の方向を変えるチャンスかも!

コロナウイルスの経済的影響は深く広範囲に拡大しています。冬のボーナスの大幅カットはその典型でした。でもこのピンチは考えるきっかけに。会社の存続すらわからない大変動のときに以前と同じ行動パータンでいいのかどうか。もしかしたらチャンスが生まれようとしているのかも。
★夢を叶える

願望を実現させる無意識の仕組みを知って、自分の人生を切り開こう!

引き寄せの法則や宇宙の法則とか、どうもピンとこないという方もいます。でも言葉じゃなくてその意味することを考えてみれば、馴染みのある考え方かも。努力は裏切らないというのも一つの信念で、ふさわしいことが起きているから強く信じているだけかもしれない。
★夢を叶える

願望を実現させる秘密!自分が周囲に発しているコレが問題だった!

願望を実現する方法で腑に落ちたことがあるのでシェアします。繰り返し強く念じていた内容は逆効果だったことに気が付いたのです。願っていけないわけじゃありません。でも願うならこれに気を付けた方がいい。欲しいものをリクエストするのはダメですよ。
★夢を叶える

願望実現のテクニック!「選択と集中」の本当の意味を理解していますか?

石橋を叩いて渡るような慎重な方は、チャンスを手にすることにも控えめです。それでいて願望を実現したい気持ちは十分過ぎるほどお持ちだったりします。選択と集中が大事とは言いますが、あなたはうまく活用できているでしょうか。仕組みを理解していれば現実はどんどん変わりますよ。
★夢を叶える

もっと望むべし!自分の願いがわからなくなったらこの原則に戻ろう!

自分の望みがわからなくなっていませんか?何でも叶えてくれるランプの精でも、魔法使いでも、あるいは神様だって、あなたからのリクエストなしにあなたの願いを叶えることはできないのです。毎日を自分の望みと共に生きましょう。きっと単なる繰り返しの日々にはならないはずです。
★夢を叶える

発見!新型コロナウイルスと願望実現の仕組みには共通項が多い!

緊急事態宣言が解除されても、ウイルスが世界に蔓延している事実は変わりません。今後ウイルスが感染しなくなるということもないわけです。今後の感染リスクは高まりますが、一方で自粛していた活動はある程度再開します。私たちは何を学んでいるのでしょう?