【関連情報】大幅値下げ!別サイトで展開中の『テキスト&動画講座』がお求めやすく!詳しくはここをクリック!

自己対話

普段感じている自分と本心との間には乖離があることが一般的です。この段差はストレスを生み出し、心を重くさせてしまいます。気がつかないうちに鎖のようにあなたを縛り付けてしまうのです。こうあらねばならない・・という「べき論」は思考が本心を覆い隠すよくあるパターンの一つ。本心に気づくには日常の対話が欠かせません。

自己対話

コロナで必要なのは「すでに戦時下にいる」という覚悟だ!

コロナ蔓延に対する私たちの行動は「戦時下」に例えることもできます。戦後の混乱期のように日常生活にも大きな影響が生じ、行きつ戻りつをしているように見えます。しかし本当の戦いはあなたの心の中で起きているのかもしれません。ただし武器を使わない、自分との静かな戦いです。
自己対話

今する?しない?行動の意味を考えるのは〇〇だから

ウイルス感染が引き起こしているのは病気としての症状だけでなく、私たちの考え方の変容かもしれません。するべきかしないべきか、意味があるか意味がないか。命というものを意識して、誰かの命を守るために自分のあり方を整える。そんなことが世界中で起きています。
自己対話

過小評価のワナ。自分の得意なことを小さく見てませんか?

自然にできることはあまり意識されないが、自分の得意なことであることが多い。セルフイメージを上げるには、自分を見つめてできることを認識するプロセスが欠かせない。無意識のうちに自分をいじめることは人生の可能性の幅を縮小させてしまう危険があります。
自己対話

目的地を告げずにタクシーに乗っていませんか?

目的地を告げずにタクシーに乗る人はいないでしょう。でも人生においては走っていることで安心して、目的地自体を忘れてしまうことがあります。懸命な努力もそうなると逆に問題を大きくします。貴重な学びの機会かもしれませんが、ゴールを遠ざけ、せっかくのチャンスを奪うことも。
自己対話

もう限界?!リミットの設定を誤ると・・

パチン!ガマンの限界を超えると残るものは・・。ガマンするにも力が必要です。でもガマンし続けているとその力まで失うことになる。そんなとき外に助けを求めることは自分を助ける正しい方法です。しかし思い込みが邪魔をしてヘルプを求めることすらできない。必要な人ほど求めない傾向があります。
自己対話

1年の計は・・最初にやっておきたいこと

1年の計は元旦にあり。手帳にスケジュールを書き込んでその数の多さに喜びを感じるのか。それともその予定で実現することにワクワクするのか。計画を立てることは実現のためには重要です。でもその前にしておきたいことがあります。あなたが今年手にすることにまずは喜びを感じて下さい。先に愉しんで下さい。
自己対話

『インサイド・アウト』って本当だった!

あなたがまず変わることを受け入れること。ベストセラー「七つの習慣」のインサイド・アウトという考え方は、ライフコーチでの学びにも共通していました。ワクワクしてこないとダメな理由がコレでした。願望実現の『受け取るステップ』が難しいと感じている方は、ぜひもう一度読んでみて!
自己対話

年内にやっておきたいこと

名刺交換してもライフコーチの意味を知っている方は少数派。でもあなたが人生に迷っているなら、人生に違和感を感じているなら強力な助けになります。人生を知ること自体が貴重な経験です。でも知らずに人生を走る人、走ることすらあきらめる人が多い。もったいないと思いませんか?
自己対話

飛行機が遅れてる!あなたならどうする?

すぐに怒りをあらわにする人、やたら攻撃的な人。そんな人は誰と戦ってるのでしょうか。いつもイライラして落ち着かない原因は、あなたの周囲にあるのでしょうか?何気ない行動にヒントがありますよ。あなたは自分自身と戦っているのかもしれないのです。
自己対話

一番言いたいこと。「ボーッと生きてんじゃねぇよ!」

タイトルはNHKの人気番組の看板娘(チコちゃん)の言葉を借用しました。過去の自分に向けて一番言いたいことがコレです。今回はライフコーチである自分の話。できれば書きたくなかったけれど・・。ドキッとした方がいたらごめんなさい。あなたに怒っているわけじゃないのです。
自己対話

「お客様は神様です」が意味するもの

三波春夫の有名な言葉。誤解されて使われることでも着目もされますが、ライフコーチの私には全然違うところから浮かんできました。助詞をカットして耳に残る部分だけ抽出すると、お客様と神様だけ残ります。あなたなら何を連想しますか?
自己対話

カゼをひく意味ってなんだろう?

久しぶりにカゼをひいた私。せっかくなので生活ペースを落としてゆったり過ごすようにしてみると景色が違って見えました。日常のスピードが上がりすぎても自分ではなかなか気付けません。休息を意図的に取ること、リズムをゆっくりにすることにも意味があります。
自己対話

楽しくしていると周囲も幸せになる!

同級生とディズニーランドを満喫した長男。晴れ晴れとした表情をみて、私が感じたことは「もっと1日も楽しんでもいい」でした。この世に生きる目的の一つは体験することですが、難行苦行のためじゃありません。楽しむために生きているのです。ともすれば忘れがちなポイントですね。