自己対話

普段感じている自分と本心との間には乖離があることが一般的です。この段差はストレスを生み出し、心を重くさせてしまいます。気がつかないうちに鎖のようにあなたを縛り付けてしまうのです。こうあらねばならない・・という「べき論」は思考が本心を覆い隠すよくあるパターンの一つ。本心に気づくには日常の対話が欠かせません。

自己対話

自分を犠牲にして抱え込むことが依存を生む!真の「手放す」意味とは

人生の専門家であるライフコーチにも簡単に解決できない人生の課題があります。しかし繰り返し起きている状況はあなたの真に向かい合うべき問題の存在を知らせてくれます。私の場合は他人の問題も抱え込んでしまうことでした。相手のためにも手放すこと、その結果を怖れないことを学んだのです。
自己対話

自信を得るには?あなたが無意識にしていることから自由になろう!

自信を持てない原因にはいろいろ考えられますが、自信を何から得ているかという問題もあるように思います。他人との比較から生まれる自信はあっけなく壊れる一時的なものです。フォーカスを自分自身に向けると大きな変化が生じるかもしれません。
自己対話

記録を活用しよう!変幻自在の思考を手なずけてジャンプアップ!

なぜ思ったように現実化しないのか、不幸であるように感じるのか。その原因はあまりに早すぎる思考回数にあるかもしれません。だったら記録して、望みを意識する機会を増やしてみませんか?意識化するプロセスは人生を変える力があるのです。
自己対話

こころのダイエットを始めよう!シンプルな思考が状況を変える力になる

苦境にあるとき、その原因を自分にだけ求める人がいます。原因究明は重要ですし謙虚な姿勢には好感が持てますが、簡単に自己否定につながってしまいます。できるだけシンプルに考え、話す・書くなどアウトプットをしたり、なにか行動を開始すると停滞感を打破してくれますよ。
自己対話

ピンチこそ「本当の自分」に出会うチャンス!コロナがもたらしているもの

コロナ蔓延に対する私たちの行動は「戦時下」に例えることもできます。戦後の混乱期のように日常生活にも大きな影響が生じ、行きつ戻りつをしているように見えます。しかし本当の戦いはあなたの心の中で起きているのかもしれません。ただし武器を使わない、自分との静かな戦いです。
自己対話

今する?しない?行動を深く考えるのはあなたが本気になったから

ウイルス感染が引き起こしているのは病気としての症状だけでなく、私たちの考え方の変容かもしれません。するべきかしないべきか、意味があるか意味がないか。命というものを意識して、誰かの命を守るために自分のあり方を整える。そんなことが世界中で起きています。
自己対話

終わる前にやり残したことないですか?区切りまでにやっておきたいこと

名刺交換してもライフコーチの意味を知っている方は少数派。でもあなたが人生に迷っているなら、人生に違和感を感じているなら強力な助けになります。人生を知ること自体が貴重な経験です。でも知らずに人生を走る人、走ることすらあきらめる人が多い。もったいないと思いませんか?
自己対話

飛行機が遅れてる!あなたならどうする?

すぐに怒りをあらわにする人、やたら攻撃的な人。そんな人は誰と戦ってるのでしょうか。いつもイライラして落ち着かない原因は、あなたの周囲にあるのでしょうか?何気ない行動にヒントがありますよ。あなたは自分自身と戦っているのかもしれないのです。
自己対話

昔の自分が今を創る!ライフコーチは誰よりも人間関係に失敗していた!

タイトルはNHKの人気番組の看板娘(チコちゃん)の言葉を借用しました。過去の自分に向けて一番言いたいことがコレです。今回はライフコーチである自分の話。できれば書きたくなかったけれど・・。ドキッとした方がいたらごめんなさい。あなたに怒っているわけじゃないのです。
自己対話

「お客様は神様です」が意味するもの

三波春夫の有名な言葉。誤解されて使われることでも着目もされますが、ライフコーチの私には全然違うところから浮かんできました。助詞をカットして耳に残る部分だけ抽出すると、お客様と神様だけ残ります。あなたなら何を連想しますか?